川崎区・幸区版 掲載号:2022年1月14日号 エリアトップへ

川崎市火災件数 過去5年で最多の363件 原因に連続放火など

社会

掲載号:2022年1月14日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市は1月6日、2021年の火災の概況(速報値)を発表。市内の火災件数が前年比37件増加し、過去5年で最多の363件となった。川崎区内では103件、幸区は37件となっている。

 出火原因で最も多かったのは「放火」で、71件(前年比4件増)。次いで「たばこ」の51件(同2件増)。「こんろ」が32件(同16件減)、「電気機器」も32件(前年同)と続いた。「電気機器」のうち、携帯型バッテリーなどのリチウムイオン電池に関連する火災は17件。非純正品の使用や落下などが発火の要因という。

 種別で見ると、「建物火災」が226件(同2件増)、「車両火災」が24件(前年同)、「その他」が113件(同35件増)となった。「その他」には、昨年2月にあった市緑ヶ丘霊園での13件の連続放火や、ごみ置き場などへの放火が含まれる。

 市消防局は、例年に引き続き家の周りに燃えやすいものを置かない、ごみは決められた日の朝に出すなどの、「放火されない環境づくり」を呼びかけている。

高齢者の死亡多く

 火災による死亡者は、前年比3人増の11人で、そのうち8人が逃げ遅れによるもの。年齢別では高齢者が9人だった。

 市は、ウェブサイトなどで高齢者や体の不自由な人は避難の経路や方法を確保することのほか、寝たばこ禁止、ストーブの周りに燃えやすいものを置かない、火のそばを離れない-などの「いのちを守る10のポイント」を掲示し、注意を促している。

東京建物不動産販売横浜支店

簡単60秒!知り合いにも薦めたい「95%」評価の不動産会社で無料査定

https://sumikae.ttfuhan.co.jp/sell/lp_yokohama/?xadid=qr-yokohamalp-townnews

川崎市(住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金)

川崎市 住民税非課税世帯などに対する臨時特別給付金(10万円)の申請期限迫る!

https://www.city.kawasaki.jp/350/cmsfiles/contents/0000136/136192/sinseikigen.pdf

<PR>

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

ビーサン飛ばし大会で大盛り上がり。幸区小向西町で「にしまち祭」

後継者不足に悩んでいる人ら対象「事業承継」でセミナー

【Web限定記事】川崎市、日本政策金融公庫共催

後継者不足に悩んでいる人ら対象「事業承継」でセミナー 経済

講師が成功、失敗事例交えて紹介

8月19日号

「えるぼし」企業を募集中

KKPオープン

BMX&スケボーパーク

KKPオープン スポーツ

川崎競輪場・西エリアに

8月12日号

グラウンド・ゴルフ大会

グラウンド・ゴルフ大会 スポーツ

8月26日 富士通スタで

8月12日号

「特別市」の必要性主張

3政令市長

「特別市」の必要性主張 社会

県の懸念に考え方示す

8月12日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    1月21日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook