川崎区・幸区版 掲載号:2022年4月15日号 エリアトップへ

第20代幸区長に就任した 赤坂 慎一さん 横浜市青葉区在住 58歳

掲載号:2022年4月15日号

  • LINE
  • hatena

先を見据えて育てる

 ○…幸区との縁は10年ほど前、経済労働局勤務時代に、「新川崎・創造のもり」にIBMなどの企業誘致をしたことに始まる。施設の仕様についてなどテナントとの調整に苦労したが、同地は今や、最先端技術の研究開発拠点となった。「自分が種をまいて花開いた場所に戻ってこられたことは感慨深い」と区長就任の思いを語る。

 ○…埼玉県大宮市(現さいたま市)育ち。大学卒業後は中学校の教員になった。社会の役に立つ子を育てるには、学校だけでは限界があると感じた。いずれは教育現場に戻るつもりで、幅広く社会を知ろうと、1991年に川崎市に入庁。「市民、企業、地域のみなさんに喜んでもらえる仕事も楽しく、学校に戻りそびれた」と笑う。3月までいた環境局では「かわさきカーボンゼロチャレンジ2050」の策定に携わり、政令市の中でCO2排出量が一番多かった市は脱炭素に舵を切った。「大きく世の中を変える一助になれたのかなと思う」と胸を張る。

 ○…まち歩き、ガーデニング、日曜大工など多趣味。「一番の大作は庭のウッドデッキ」と自慢顔。庭造りは実のなるものがメインで、もうすぐサクランボ「佐藤錦」の収穫の時期を迎える。10年くらい前から健康を考えて毎日弁当作りを実践。「前日の残り物を詰めるだけ」と言いながら、庭で取れたミニトマトやパセリで彩も考えて配置するなど、こだわりも見せる。

 ○…就任以降、各町内会長をはじめ、気さくで明るい人たちが多いと感じている。「いい町の区長になれて良かった」と笑顔。今年区制50周年だが、この先の100周年を見据える。「50年後を支える今の子どもたちが住み続けたいと思うまちにすることが私の仕事だ」と意気込む。

川崎区・幸区版の人物風土記最新6

吉澤 慶太さん

川崎銀柳街商業協同組合の理事長に就任した

吉澤 慶太さん

幸区堀川町在住 57歳

6月24日号

吉田 優輝さん

全日本フルコンタクト空手道選手権大会女子中量級で優勝した

吉田 優輝さん

新極真会川崎東湘南支部川崎道場所属 18歳

6月17日号

立石 有香莉さん

クッション型トランポリンを開発して起業。幸区盛り上げ隊にも参加する

立石 有香莉さん

幸区中幸町在勤 27歳

6月10日号

米澤 奈緒さん

川崎区盛り上げ隊の隊長を務める

米澤 奈緒さん

川崎区出来野在住 41歳

6月3日号

八木 美智子さん

第57回神奈川県看護賞を受賞した

八木 美智子さん

川崎区藤崎在住 60歳

5月27日号

吉田 明宏さん

(株)川崎フロンターレの代表取締役社長に、4月8日付で就任した

吉田 明宏さん

高津区在勤 58歳

5月20日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    1月21日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook