川崎区・幸区版 掲載号:2022年4月22日号 エリアトップへ

第61代川崎臨港警察署長に就任した 仲戸川 博幸さん 川崎区在住 56歳

掲載号:2022年4月22日号

  • LINE
  • hatena

「聞く力」で署をけん引

 ○…川崎臨海部地域の安全、安心を守る「顔」として、3月下旬に着任。名刺入れに、名刺を補充する回数が増え、署長になったことを実感する。臨港署での勤務は初。就任前は、大きな工場のある地域との印象だったが、あいさつ回りの中で「古くから地域を支える人が多い。歴史を感じるエリア」と認識を新たにした。多くの人とのやり取りの中で「様々な人との関りがありながら警察の仕事が進んでいる」ことも深く感じる。

 ○…約140人の署員のトップとして「融和団結」をスローガンに掲げる。就任時のあいさつでは北京オリンピックで注目されたパシュートに絡めつつ「一人ひとりが役割を愚直に果たしながら団結した時の力が、ひいては地域のためになる」と訓示した。最後の決断を下すのが署長の役割とし、「そのためにも、いろいろな人の話を聞いていきたい」と「聞く力」に磨きをかける。

 ○…大和市出身。小学1年生から剣道に親しみ、全国強豪の神奈川県警に漠然と憧れを抱いた。大学卒業後、県警入りし、刑事捜査二課で知能犯捜査などに取り組んだ。特殊詐欺捜査の過程では被害者の無念の声に耳を傾けた。「そうした被害者を、面白おかしく遊び半分にターゲットにした犯罪組織は許さない」。同署でも被害防止に向けた取り組みにも力を注ぐ。穏やかな話しぶりの中に、悪を許さない強い信念が垣間見える。

 ○…趣味の自転車での散策では「多摩川スカイブリッジ」を早々に訪れ、橋からの絶景を味わった。飛行場を眺め、世界とのつながりを感じ、「人や車の往来が盛んになった際の対応を考えねば」と襟を正す。コロナ下で始めた弁当作りでは段取り、バランス、彩りに気を配る。妻、長女、次女の4人家族。

川崎区・幸区版の人物風土記最新6

吉澤 慶太さん

川崎銀柳街商業協同組合の理事長に就任した

吉澤 慶太さん

幸区堀川町在住 57歳

6月24日号

吉田 優輝さん

全日本フルコンタクト空手道選手権大会女子中量級で優勝した

吉田 優輝さん

新極真会川崎東湘南支部川崎道場所属 18歳

6月17日号

立石 有香莉さん

クッション型トランポリンを開発して起業。幸区盛り上げ隊にも参加する

立石 有香莉さん

幸区中幸町在勤 27歳

6月10日号

米澤 奈緒さん

川崎区盛り上げ隊の隊長を務める

米澤 奈緒さん

川崎区出来野在住 41歳

6月3日号

八木 美智子さん

第57回神奈川県看護賞を受賞した

八木 美智子さん

川崎区藤崎在住 60歳

5月27日号

吉田 明宏さん

(株)川崎フロンターレの代表取締役社長に、4月8日付で就任した

吉田 明宏さん

高津区在勤 58歳

5月20日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    1月21日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook