神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
川崎区・幸区版 公開:2022年6月17日 エリアトップへ

意見広告 マイノリティを社会の活力に れいわ新選組 参議院全国第5総支部長 キム テヨン

公開:2022年6月17日

  • LINE
  • hatena

 私は日本国籍の在日コリアンです。今でこそ「金泰泳(キムテヨン)」という民族名で生活していますが、18歳までは通名を使い、在日韓国・朝鮮人であることを隠して生きていました。子どもの頃から両親や兄弟が在日であることで苦しむ姿を見て育ち高校生の時には周りの友人が大学や就職先を探すのを尻目に自暴自棄になり非行に走ったこともあります。子どもの頃から経済的にも貧しく、修学旅行の費用がなく、母親と一緒に隣家の商店に「お金を貸してくれ」と頭を下げに行きました。

 大学に入った私は、在日や被差別部落出身の学生、障がいのある学生など、様々なマイノリティと出会うことで本名を使って生活するようになりました。在学中には新聞奨学生や学童保育所の指導員、サンダルメーカーでの内職回り、釜ヶ崎での日雇いを経験したことが今の私を形づくっています。

 現代社会では、不遇な境遇・状況にある外国人や外国ルーツの人々、ジェンダー、セクシャリティ、障がい者や社会の底辺に置かれ地を這いつくばって生きざるを得ない人々がたくさんいます。そういう人たちに「安心して」「明日があるよ」と「誰もが大切にされている社会」を作ることが求められているのでないでしょうか。

 昨年末、住民投票の投票権を外国籍の市民に認めようとした武蔵野市条例案を巡っては、町が大きく揺れました。反対派は「外国人の住民投票を認めれば日本の権利が侵食される」と主張していましたが、果たしてそうでしょうか。在日外国人が権利を持つことは日本を創ることなのです。

 社会のマイノリティ問題は「弱者救済」と捉えられがちですが、むしろこの国と社会を強く豊かにすることとして捉える必要があります、多様性を力に。「単なる弱者救済」ではなく「社会の国の活力へ」。私はそうした社会を目指したいと考えております。

川崎区・幸区版の意見広告・議会報告最新6

外国人市民の支援体制充実へ

市政報告【5】

外国人市民の支援体制充実へ

みらい川崎市議会議員団 長谷川ともかず

4月12日

小児医療費助成制度の拡充を!!

政令市の75%が高校生まで対象拡充へ 市政報告

小児医療費助成制度の拡充を!!

みらい川崎市議団 しま りょうた

4月5日

会計年度任用職員の報酬額アップ

市政報告

会計年度任用職員の報酬額アップ

川崎市議会議員(川崎区)みらい川崎市議団 林としお

4月5日

プラごみ一括回収スタート確実な広報戦略で周知を

市政報告【6】

プラごみ一括回収スタート確実な広報戦略で周知を

あしたの川崎・日本維新の会市議団 (幸区選出)なすのあやか

3月29日

犯罪被害者の負担軽減へ

県議会報告

犯罪被害者の負担軽減へ

県会議員(川崎区選出)公明党 西村くにこ

3月29日

一年間の議会活動を振り返る

市議会報告 あしたの川崎・日本維新の会川崎市議団

一年間の議会活動を振り返る

仁平かつえ なすのあやか

3月29日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月8日0:00更新

  • 8月4日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook