さがみはら中央区版 掲載号:2011年3月31日号
  • googleplus
  • LINE

水は安心

 東日本大震災による原子力発電所の事故で、放射性物質が漏えいした問題を受け、神奈川県では22日から4回にわたり水道水の放射能濃度を測定し、安全性に問題ない数値だったことを明らかにした。県のホームページなどで発表している。相模原市は、県営水道の給水区域に含まれる。

 県は、県営水道浄水場の谷ケ原(市内緑区)、寒川の両浄水場で測定を実施した。その結果、寒川浄水場のみ、放射性物質であるヨウ素―131が67・8ベクレル検出された(22日)ものの、国の指標値とされる300ベクレルを下回った。乳児が水道水摂取を控える際の基準となる、100ベクレルにも満たなかったことになる。

 県では「今後も測定を定期的に実施、公表していく」としている。
 

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク