さがみはら中央区版 掲載号:2017年9月21日号
  • googleplus
  • LINE

ホペイロの憂鬱 来年1月、市内で先行上映 相模原映画 10月HP(ホームページ)公開

文化

映画をPRする金子(左)・小池両プロデューサー
映画をPRする金子(左)・小池両プロデューサー
 相模原を舞台にしたオール相模原ロケ映画として市民出演などで注目を集めていた「ホペイロの憂鬱」が、MOVIX橋本(緑区)で来年1月に先行ロードショーされることが11日の関係者による市内試写会で正式に発表された。10月上旬には公式ホームページも公開され、最新情報が更新される予定。

 映画は市内在住の作家・井上尚登さんの同名小説が原作。相模原のJ3サッカーチームに所属するホペイロ(用具係)を描いた内容は、ミステリアスながらもユーモア溢れるストーリー。今年2月から3月にかけ市内各所で撮影された。6月には都内で初号試写を実施。配給会社が決まったことから制作サイドは上映時期の検討を加速させ、MOVIX橋本での先行ロードショーで交渉がまとまったことにより、市内試写会での発表にこぎつけた。新春公開の第2弾として角川シネマ新宿での上映も決定。その後、全国で順次公開される見通し。

永井大さんの出演も公表

 主演の白石隼也さんのほか、水川あさみさん、佐野史郎さん、川上麻衣子さんらに加え、新たにチームのエースストライカー役として永井大さんの出演も公表された。豪華キャストの好演も光り、映画を一層盛り上げている。10月上旬には公式ホームページが立ち上がる予定で、上映日程などの最新情報が公開される。

 11日の試写会では関係者100人に映画を初披露。今回制作にあたったプロデューサーの小池和洋さんと金子尚樹さん(いずれも市内在住)が本紙の取材に応じた。小池さんは「相模原を舞台にした映画をどうしても作りたかった。協力してくれたすべての方に感謝。全国に映画を発信したい」とし、金子さんは「相模原で映画文化を盛り上げようとの思いでやってきた。この映画がそのきっかけになれば」と話すなど同映画に懸ける思いや、市の文化発展に向けて期待感を示した。

さがみはら中央区版のトップニュース最新6件

市、職員派遣し災害支援

西日本豪雨被害

市、職員派遣し災害支援

8月16日号

市の正答率、平均を下回る

全国学力テスト

市の正答率、平均を下回る

8月16日号

市民とも交流、友好深まる

ブラジル選手団来相

市民とも交流、友好深まる

8月9日号

山を愛して半世紀

緑区佐野川在住小池さん

山を愛して半世紀

8月9日号

三世代交流で新イベント

東第三自治会

三世代交流で新イベント

8月2日号

ロシアW杯に帯同

トレーナー久保田さん

ロシアW杯に帯同

8月2日号

10月1日、企業内保育園が開園

大野台幸園ではただいま園児、職員を募集しています。私達と一緒に働きませんか?

http://www.saiwai-kai.com/

<PR>

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月16日号

お問い合わせ

外部リンク