さがみはら中央区版 掲載号:2018年7月5日号
  • googleplus
  • LINE

文部科学大臣表彰を受賞した読み聞かせの会「あいの会」を立ち上げた 榎本 はついさん 新磯野在住 70歳

本の世界に触れる機会を

 ○…幼少期からお話しを聞く楽しさを伝えようと、市内の保育園を中心に絵本の読み聞かせ活動を続けている「あいの会」。共同代表の重岡令子さんと共に26年前に立ち上げた同会の長年の功績が認められ、このほど文部科学大臣表彰を受賞した。「受賞したことはもちろんだが、推薦して頂いたことが嬉しかった」と胸一杯の感動をにじませる。

 ○…信濃川を有する自然豊かな新潟の地で4人姉妹の長女として育つ。読書と、山で四季折々の草花を眺めるのが好きな子どもだった。18歳の頃、母親の知り合いを頼りに厚木の測量事務所に就職。法務局に通って地図を写す日々を過ごす後、結婚を機に相模原に移り住む。そこで、子育てを通じて出合ったのが読み聞かせだった。生来の本好きということもあり、すぐにのめり込んだ。「絵本を読み終わった後、詰めていた息を一気に吐き出す子がいる。絵本の世界に入り込んでいる証拠」と目を細める。

 ○…ガーデニングが趣味。新潟の山で目にした可憐な青色の「エゾエンゴサク」が辺り一面に咲く景色が今でも忘れられず、それを彷彿とさせるような美しい花々を庭先で大切に育てている。図書館通いも毎週の習慣。今では、未読の本を探すのが大変なほどになった。

 ○…子どもたちの想像力を一層育むために、会では絵本などを持たずに物語を語り聞かせる素話(すばなし)も行う。最も長いもので27分。暗記し、繰り返し練習する。「保育の時間を割いてもらっているからこそ、中途半端なものにしたくない」。そのため毎月行う勉強会では会員同士で改善点を指摘し合う。子どもたちに物語を届けるのは「成長し悩みができても、本の世界に入り込めば救われるから。まずは絵本から」と、子どもと本を結ぶ架け橋として活動し続ける。

さがみはら中央区版の人物風土記最新6件

吉澤 肇さん

市営上九沢団地で運営されている子ども居場所づくり「くすのき広場」代表の

吉澤 肇さん

7月19日号

土佐 誠さん

このほど三菱重工相模原ダイナボアーズのキャプテンに就任した

土佐 誠さん

7月12日号

松田 善彦さん

相模湖交流センターの館長に新しく就任した

松田 善彦さん

6月28日号

高橋 孝子さん

内閣総理大臣表彰を受賞した「NPO法人 相模原こもれび」の理事長を務める

高橋 孝子さん

6月21日号

池田 晴彦さん

6月で発足2年を迎えた相模原柴胡の会の代表を務める

池田 晴彦さん

6月14日号

浅沼 一也さん

進行性の難病・ALS(筋萎縮性側索硬化症)発症後、子どもへの支援活動を行う

浅沼 一也さん

6月7日号

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月19日号

お問い合わせ

外部リンク