さがみはら中央区版 掲載号:2018年10月4日号
  • LINE
  • hatena

大野小6年牧原賢汰君 アジア3位に貢献 侍ジャパンU12に選出

スポーツ

3位入賞のトロフィーを持つ牧原君=提供写真
3位入賞のトロフィーを持つ牧原君=提供写真

 チャイニーズ・タイペイ(台湾)で8月に開催された12歳以下の選手による野球大会「第10回BFA U12アジア選手権」に日本代表として出場し、3位入賞に貢献した大野小学校(南区)6年の牧原賢汰君が9月20日、市役所を訪れ野村謙一教育長に大会結果を報告した。

 同選手権には、開催国のチャイニーズ・タイペイをはじめ、8か国が出場。4チームずつ2グループに分かれ、予選リーグが行われた。元巨人の選手で野球解説者の仁志敏久監督が率いる日本代表は予選を2位で通過しスーパーラウンドに進むも、1勝2敗の戦績で3位決定戦へ。そこでパキスタンを相手に10対0で圧勝し、銅メダルを獲得した。

守備位置複数こなす

 今回の12歳以下日本代表は15人。日本全国から寄せられた動画審査や選考試合を経て、最終的に選ばれた。神奈川県から唯一選出された牧原君は身長143cm、体重37kgと代表で最も小柄な内野手。南区古淵で活動している軟式野球チーム「ひのきビートルズ」に所属し、二塁手、遊撃手、三塁手、捕手など複数のポジションをこなす。「守備には自信があった。選考の中でそこを評価してもらえたので嬉しい」と話す。それでも、スーパーラウンドのパキスタン戦ではタイムリーヒットを放つなど、堅実な守備だけでなく打撃でもチームに貢献した。

 報告会で今後の目標について聞かれた牧原君は「15歳以下のカテゴリーでも代表になれるように、技術を磨いていきたい」と力強く話していた。
 

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月6日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

  • 11月22日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「力道山が相模原に来た」

「力道山が相模原に来た」

上映会とトークショー

12月15日~12月15日

さがみはら中央区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月6日号

お問い合わせ

外部リンク