さがみはら中央区版 掲載号:2019年5月1日号 エリアトップへ

(PR)

4月より新体制で再スタート 医療レポート 「地域のかかりつけ医」担い邁進 取材協力/晃友上九沢クリニック

掲載号:2019年5月1日号

  • LINE
  • hatena
(上)診療方針について話す川村洋和新院長(下)清潔感のある院内
(上)診療方針について話す川村洋和新院長(下)清潔感のある院内

 相原病院で前院長を務めた川村洋和医師を新院長とし、4月1日より「晃友上九沢クリニック」が新たに開院した。旧つじクリニックを引き継いだ形で、これまでの「地域のかかりつけ医」としての役割を担いながら、近隣医療機関などとの連携を図り、さらなる地域医療の充実をめざす。

 川村院長は帝京大医学部で難病疾患とされるベーチェット病の研究を通じて消化器系、腎臓系の疾患について学び、卒業後は相原病院に入局。内科部長、院長を務め、28年にわたり相原、橋本地区を中心に「地域のかかりつけ医」として一般診療に従事しながら地域医療の向上に努めてきた。

 同クリニックでは、内科、リハビリテーションを診療科目とし、リハビリテーションでは東洋医学系治療の国家資格と運動療法機能訓練技能認定を持つ按摩マッサージ鍼灸師が理学療法以外に必要な際にはハリ治療も施す。グループ病院である緑区大島の晃友脳神経外科眼科病院などとも緊密に連携し、糖尿病におけるアプローチなど病気の種類によって柔軟に対応していくとしている。川村院長は「グループ内連携の強みを生かしながら、地域医療の充実、向上に努めていきたい」と話す。

■取材協力/晃友上九沢クリニック

晃友上九沢クリニック

さがみはら中央区版のピックアップ(PR)最新6

本日20日、田名店オープン

創業42年の地元電器店「ライト」

本日20日、田名店オープン

地域密着 生活の「困った」もすぐ解決

6月20日号

"その人らしく"暮らせる施設

特別養護老人ホーム「縁JOY」職員都合でなく「入居者のために」

"その人らしく"暮らせる施設

6月13日号

職員主導 「書道で元気に」

特別養護老人ホーム 大野北誠心園

職員主導 「書道で元気に」

教室開催 入居者から笑顔

6月13日号

"見守り付き"の安心感 空室2

見守り付き高齢者アパート・エクシオ上つるま家賃4万1000円〜 ”全国初の方式”が新聞で報道

"見守り付き"の安心感 空室2

6月13日号

入居者の喜びのため寄り添える介護を

特別養護老人ホーム 泰政園

入居者の喜びのため寄り添える介護を

6月13日号

精神的自立に向かえる支援を

住宅型有料老人ホーム「あんず」「勢水」「田名新宿住宅」

精神的自立に向かえる支援を

6月13日号

腰痛専門の治療院

潰れている人も、切らなきゃ無理といわれた人も

腰痛専門の治療院

肩、腕の痛み、手足のしびれなどを改善

6月13日号

あっとほーむデスク

  • 6月13日0:00更新

  • 6月6日0:00更新

  • 5月30日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年6月20日号

お問い合わせ

外部リンク