さがみはら中央区版 掲載号:2019年5月16日号 エリアトップへ

説明会アプリ普及へ全力 見守り強化へ団結図る

社会

掲載号:2019年5月16日号

  • LINE
  • hatena

 認知症当事者を専用アプリで見守る取り組み「相模原市民みまもりあいプロジェクト」の開始にあたり、事業発表説明会が4月、あじさい会館で開催された。

 この取り組みは特許技術を活用したステッカーと専用アプリを使うもので、登録者を増やすことで認知症当事者が行方不明になった際に周辺地域のネットワークによる早期発見、緊急時の早期対応の実現を図る。登録者を増やすことがネットワーク強化の一番の手段であることから、まずは関係事業者を招いた説明会を行う運びとなった。

 会では動画などでアプリの仕組みを確認した上で、アプリを考案した社団法人セーフティネットリンケージ代表理事の高原達也氏が登壇。「独り歩きで住居から500m以内で亡くなるケースが多く、早期発見のためにこのアプリを考えた」と開発の契機を明かし、互助の大切さとアプリの普及について訴えた。

 プロジェクトを進めるNPО法人Link・マネジメントの井戸和宏代表理事は認知症サポーター講座の受講増を訴えるとともに、「アプリを使ってもらい、市内の行方不明者ゼロをめざし普及に努めていきましょう」と話し、取り組みに向け市を挙げての一致団結を強く呼びかけた。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

郷土を想い交流

郷土を想い交流 社会

鹿児島県人会 集いに170人

6月20日号

荻原次晴氏が来場

荻原次晴氏が来場 社会

30日 環境まつり

6月20日号

よしもと芸人来たる

よしもと芸人来たる 文化

7月27日 お笑いまつり

6月20日号

「溝T」今年も好評販売中

「溝T」今年も好評販売中 社会

上溝商店街が作成

6月20日号

「星形コロッケおいしいよ」

市内ではやぶさ給食

「星形コロッケおいしいよ」 教育

6月20日号

「介護している人は素敵だよ」

人生100年時代を考える

「介護している人は素敵だよ」 文化

毒蝮三太夫さんインタビュー

6月13日号

相模原協同病院が起工式

相模原協同病院が起工式 社会

20年12月開院目指す

6月13日号

あっとほーむデスク

  • 6月13日0:00更新

  • 6月6日0:00更新

  • 5月30日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年6月20日号

お問い合わせ

外部リンク