さがみはら中央区版 掲載号:2019年5月16日号 エリアトップへ

相模原納涼花火大会 13年ぶり7月開催 趣向凝らした催しも見所

文化

掲載号:2019年5月16日号

  • LINE
  • hatena
夜空を彩る大輪(過去の写真)
夜空を彩る大輪(過去の写真)

 例年8月最終土曜日に相模川高田橋上流で開催されている「相模原納涼花火大会」が、今年は7月15日(月・祝)に行われることが決まった。7月開催は2006年以来。昨年は台風の影響で中止となっており、実行委員会ではさらなる大会の気運を醸成するため、趣向を凝らしたイベントの同時開催も企画している。

 1951年、水郷田名の復興を願い地元の消防団が「田名煙火大会」として始めた同花火大会。その後、現名称に変わり今に至るまで、相模原市における夏の一大イベントとなっている。会場である高田橋付近は例年20万人ほどの人出でごった返し、約8000発の花火が相模川上流を彩る。

 昨年は台風20号の影響で相模川が増水し、2008年以来10年ぶりに開催中止に。こうした中、開催に影響を与える台風を避ける目的や、例年の8月最終土曜日では警備体制が手薄になってしまうことなどから、今年は7月に開催することを決定。7月開催は2006年以来13年ぶりとなる。

 実行委員会によると、今年は花火打ち上げ前にイベントを企画しているほか、来場者らでギネス世界記録に挑戦する参加型の催しなどを開催予定。打ち上げ場所も現行の会場から変更予定で、今回は約10000発が用意されているという。久野新一実行委員長は「昨年の借りを返すために大成功させたい。ぜひご期待ください」と話している。

 その他、有料席の販売日程など詳細は同大会ホームページを参照。

さがみはら中央区版のトップニュース最新6

視線計測装置を本格導入

発達障害支援センター

視線計測装置を本格導入 社会

県内初 適切な療育に有効

11月14日号

握りずし 届け続けて50年

握りずし 届け続けて50年 社会

鮨商組合に県から感謝状

11月14日号

世界的名将、施設に太鼓判

市とJAXAが連携協定

ホーム最終節 勝利飾れず

ノジマステラ神奈川相模原

ホーム最終節 勝利飾れず スポーツ

サポーターに支援を感謝

10月31日号

消費者の発想 企業経営に

新サービス始動

消費者の発想 企業経営に 社会

オンラインで知恵を提供

10月31日号

台風19号、被害明らかに

台風19号、被害明らかに 社会

津久井地域の住民に聞く

10月24日号

相模原市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 11月14日0:00更新

  • 11月7日0:00更新

  • 10月31日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月14日号

お問い合わせ

外部リンク