さがみはら中央区版 掲載号:2019年7月4日号 エリアトップへ

県相伊藤奨真さん 紙飛行機で児童に笑顔を 難民支援コンペで特別賞

社会

掲載号:2019年7月4日号

  • LINE
  • hatena
アイデアコンペで特別賞を受賞した伊藤さん
アイデアコンペで特別賞を受賞した伊藤さん

 県立相模原高校に通う伊藤奨真さん(3年)が6月16日、世界の難民問題を考える「未来ドラフト2019〜わたしと難民がつながるアイデア・コンペティション〜」の決勝大会に出場し、グランプリ・準グランプリに次ぐ特別賞を受賞した。

 未来ドラフトとは、世界の子どもに対して支援活動を行っているNPО「ワールド・ビジョン・ジャパン」が昨年から実施しているもので、難民支援に関する独自のアイデアを競い合う大会。29歳以下なら誰でも参加可能で、グランプリ受賞者には、実際に現地でアイデアを実現する権利が与えられる。

「切り口が独創的」

 今回のテーマは、アフリカの難民居住地で過酷な生活を送る、民族や国籍の異なる子どもたちに行う「一生忘れられない授業」。全国から223件の応募が寄せられ、1次審査を通った8件が決勝に残った。

 伊藤さんがプレゼンしたのは、子どもたちを対象に行う紙飛行機教室。民族、国籍、言語を選ばず楽しめることを前面に、航空力学などの学習としても有用なことなどを盛り込み、審査員から「切り口が非常に独創的」などの評価を得た。

 伊藤さんは小学生の時、小惑星探査機「はやぶさ」帰還のニュースを目にして以来、ロケットや航空機の虜に。高校では「県相紙飛行機研究会」を結成しており、飛距離を伸ばすため日々試行錯誤を重ねている。今回の結果に伊藤さんは、「実現したかっただけに悔しいが、自分の取り組んでいることが社会問題に応用できる可能性を知ることができた」と話した。

決勝大会で登壇
決勝大会で登壇

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

訪問し「おしゃれ」叶える

訪問し「おしゃれ」叶える 社会

星が丘の理容院

9月24日号

「相模原からチャンピオンに」

プロボクサー中谷潤人選手

「相模原からチャンピオンに」 スポーツ

市長訪問で世界戦へ抱負

9月24日号

市消防 新機器導入し訓練

市消防 新機器導入し訓練 社会

土砂崩れの二次被害防止

9月24日号

ノジマ、セレッソに敗戦

なでしこリーグ

ノジマ、セレッソに敗戦 スポーツ

後半に3失点

9月24日号

身近な「温泉地」 誕生

身近な「温泉地」 誕生 文化

町田・森乃彩(もりのいろどり) 読者を招待

9月24日号

サバイバルと収穫体験

サバイバルと収穫体験 教育

参加募集 ふれあい自然塾

9月24日号

あっとほーむデスク

  • 9月24日0:00更新

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年9月24日号

お問い合わせ

外部リンク