さがみはら中央区版 掲載号:2019年8月8日号 エリアトップへ

小山に「誰でも食堂」開設 「全世代が安心できる場に」

社会

掲載号:2019年8月8日号

  • LINE
  • hatena
大勢での食事を楽しむ参加者=提供写真
大勢での食事を楽しむ参加者=提供写真

 小山地区の住民宅で7月27日、「だれでも食堂フルーツポンチ」がプレオープンし、子どもから大人まで多くの地域住民でにぎわいを見せた。同団体主催。

 氷川町で2年前まで行われていた「子ども食堂」をリニューアルしたもので、主催者の「子どもに限らず、困っている人みんなに手を差し伸べたい」という思いから、全世代を対象に実施されることになった。加えて、総合相模更生病院が協賛につき、アレルギー問題などにいち早く対応できるよう支援体制を強化。市民団体「きらくクラブ」のメンバーや、元教師、主任児童委員、法政大学ボランティアサークルの学生らがスタッフとなり、食事だけでなく学習支援や地域交流、フードロス対策など、多様なテーマを掲げて実施された。

多世代での交流楽しむ

 27日は、地域の小学生から高齢者まで約35人が参加。コープ共済などから提供されたフードロス食品を使って調理されたカレーライスや、フルーツポンチが振る舞われ、参加者は多世代で会話を弾ませながら、食事を楽しんだ。食事が済むと、小学生は持参した宿題を大学生に教わりながら解いたり、親世代は子育ての悩みを児童委員に相談したりするなど、思い思いに過ごしていた。

 終了後にスタッフらは、「今日を踏まえて次回に生かしたい。今後も継続的に実施することで多くの方に来てもらい、支援者と利用者の双方が安心できる場になれば」と話していた。

 次回は、8月17日(土)に木藤さん宅(中央区相模原1の4の4)で開催される。時間は午前11時から午後3時30分までで、好きな時間に参加することができる。メニューはそうめんとフランクフルトを予定。費用は子ども100円、大人300円。保護者同伴で未就学児の参加も可能だ。

 詳細・問い合わせは、きらくクラブの梅谷代表【携帯電話】090・4918・7606または、【メール】fru.ponchi@gmail.comへ。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

メイプルフリマ開催

メイプルフリマ開催 経済

10月31日(日) 午前10時から

10月21日号

クラシックで秋を優雅に

クラシックで秋を優雅に 文化

27日 ランチタイムコン

10月21日号

市長とまちづくりを語る

市長とまちづくりを語る 社会

10月22日 JCが例会配信

10月21日号

「森の素晴らしさ知って」

「森の素晴らしさ知って」 社会

下草刈りボラ参加者募集

10月21日号

SDGsカルタを寄贈

SDGsカルタを寄贈 社会

 啓発団体が制作

10月21日号

アマゾン探検、延長に

アマゾン探検、延長に 文化

相模川ふれあい科学館

10月21日号

あっとほーむデスク

  • 10月21日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

  • 10月7日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  •  縄文世界を見に行こう!

    相模原市立博物館レポvol.23文化財×博物館×図書館×旧石器ハテナ館連携事業

     縄文世界を見に行こう!

    「世界遺産じゃないけど相模原にもある縄文遺跡群」博物館考古担当学芸員 河本雅人・長澤有史

    10月21日号

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook