さがみはら中央区版 掲載号:2019年10月31日号 エリアトップへ

バブルの色香残る”大人のビル”

文化

掲載号:2019年10月31日号

  • LINE
  • hatena

 なぜ「メイプル」なのか--。設立者が建設時、ビルのチャームポイントとして覚えてもらえるよう、吹き抜けの中庭にメイプル(楓)の木を植えたのがその由来だとか。今では見上げるほどの高さにまで成長を果たした。

 現在は17の店舗・企業がテナントとして入っており、飲食店から介護事業所、スポーツスタジオ、美容室まで幅広い。5階から9階は賃貸の住居だ。

 バブル経済の余韻が残る90年代初頭。当時としては珍しいデザイナーズマンションで、敷地内にあるウッドデッキにはプールも設置されていた。テナントのひとつであった会員制クラブも毎夜にぎわい、ラグジュアリーな「オトナのビル」として一世を風靡した。

 このビルの地下にある「メイプルホール」も、当時としては先駆けだった。ジャズライブなど相模原で本格的な演奏が聴ける数少ないスポットで、「おそらくここだけだったのでは」(同ホール・宮本代表談)というほど。時代の先を行くシンボルとして、市内外の多くの人の記憶に残る。

 来年30周年を前に、現在は外壁工事が行われている同ビル。工事が終わる年明けには、さらに洗練された姿が見られるだろう。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

晴れのマルシェにぎわう

晴れのマルシェにぎわう 社会

淵野辺駅に大勢の来場者

10月22日号

緊急情報の発信を強化

緊急情報の発信を強化 社会

地元FM局、JCが協定

10月22日号

散歩で地域の安心守る

散歩で地域の安心守る 文化

「たなワン」隊員が活躍中

10月22日号

手づくり競技で笑顔

手づくり競技で笑顔 社会

エクシオ社がレク行事

10月22日号

ライズ、24日に初戦

ライズ、24日に初戦 スポーツ

昨年覇者・富士通と激突

10月22日号

鎌倉古道をたどる

鎌倉古道をたどる 文化

11月14日 先着申込み順

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 県政の課題を問う

    県政報告Vol.45

    県政の課題を問う

    自民党県議会議員 河本 文雄(かわもと ふみお)

    10月22日号

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク