さがみはら中央区版 掲載号:2020年7月9日号 エリアトップへ

マスクと防護服を寄贈 グローズバル

社会

掲載号:2020年7月9日号

  • LINE
  • hatena
(右から)石川将誠市議会議長、鈴木伸一危機管理局長、吉田茂司社長、小島透専務
(右から)石川将誠市議会議長、鈴木伸一危機管理局長、吉田茂司社長、小島透専務

 相模原市内を中心に飲食店経営やコンサルタント業務を行うグローズバル(本社/相模原・吉田茂司社長)は6月29日、新型コロナウイルス感染症対策として市議会事務局を通じ、マスク2500枚および防護服30着を市に寄贈した。

 グローズバルは2015年に設立。相模原お店大賞や相模原名物料理選手権S─1グランプリ第1位を受賞し、経営するハンバーグ専門店「福よし」などで提供する、名物・とろけるハンバーグは昨年、民間ロケットMOMOに搭載され、「宇宙に行ったハンバーグ」としても話題となった。吉田社長は「当社は相模原に育ててもらった。いつかは恩返しがしたかったので、微力ながら地域貢献につながれば」と話した。寄贈品を受け取った石川将誠市議会議長は「福祉施設や医療関係施設などで大切に使わせていただきます」と頭を下げた。

 コロナのほか、防災対策などを行う危機管理局の鈴木伸一局長は、台風シーズンを前に「避難所などで活用したい」と述べた。避難所のマスクや消毒液の備蓄は足りているとしながらも、密集することで発生するかもしれない飛沫感染を懸念。「避難所で感染は出せない。寄贈の品を有効に使い、状況によって医療機関でも活用したい」と語った。
 

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

メイプルフリマ開催

メイプルフリマ開催 経済

10月31日(日) 午前10時から

10月21日号

クラシックで秋を優雅に

クラシックで秋を優雅に 文化

27日 ランチタイムコン

10月21日号

市長とまちづくりを語る

市長とまちづくりを語る 社会

10月22日 JCが例会配信

10月21日号

「森の素晴らしさ知って」

「森の素晴らしさ知って」 社会

下草刈りボラ参加者募集

10月21日号

SDGsカルタを寄贈

SDGsカルタを寄贈 社会

 啓発団体が制作

10月21日号

アマゾン探検、延長に

アマゾン探検、延長に 文化

相模川ふれあい科学館

10月21日号

あっとほーむデスク

  • 10月21日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

  • 10月7日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  •  縄文世界を見に行こう!

    相模原市立博物館レポvol.23文化財×博物館×図書館×旧石器ハテナ館連携事業

     縄文世界を見に行こう!

    「世界遺産じゃないけど相模原にもある縄文遺跡群」博物館考古担当学芸員 河本雅人・長澤有史

    10月21日号

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook