さがみはら中央区版 掲載号:2021年4月22日号 エリアトップへ

(PR)

渕野辺総合病院医療レポート【3】 一貫した医療で地元に貢献 副病院長 阿部典文

掲載号:2021年4月22日号

  • LINE
  • hatena

 1954年に開院して以来、「地域の中核病院」として地元と歩みを共にする医療法人社団相和会・渕野辺総合病院。同院の外科は小さな外傷からがん治療に至るまで多様な診療を通じて地域住民の健康を支える医療の提供に全力を挙げる。今回は、外科部長で呼吸器外科を専門とする阿部典文副病院長に「肺がん治療」を初めとした医療体制について聞いた。

 統計上、最も死亡数が多いとされる「肺がん」。同院では手術や抗がん剤投与といった治療法を選択するため遺伝子タイプの検査を実施し、体の状態や患者の希望も考慮しながら治療を進める。肺がんは胃や大腸と異なり、カメラでの病片の確認やがん組織の採取が難しいとされるが、気管支鏡と胸腔鏡を併用してその診断を行う。

 「診断から治療、その先の緩和ケアまで一貫して行うのが当院の特徴」と阿部副病院長。大学病院では治療後に別の緩和専門の機関に移る場合が多いとした上で、同院は退院後の生活環境までサポートしている。

救急対応にも注力

 加えて外科では常勤のドクター全員で緊密に情報共有を行い、患者の状態の把握に努める。夜間・休日・予約日以外など緊急の対応が必要な際には、主治医が不在でもチームによる診療体制を整えている。阿部副病院長は「手術が必要な救急対応もしっかり行っていきたい。いつでも頼れる病院として、かかりつけ医にしていただければ」と話し、今後も患者に寄り添ったきめ細やかな医療提供を誓った。

医療法人社団相和会 渕野辺総合病院

「共生と至誠」地域社会に密着した総合病院

TEL:042-755-2222

https://www.sowa.or.jp/fuchinobe/

相模原市からのお知らせです

新型コロナウイルスワクチン接種の詳しい情報については市HPをご確認ください

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/kenko/kansenyobo/1019910/1022588/index.html

<PR>

さがみはら中央区版のピックアップ(PR)最新6

植え替えのベストシーズン到来豊富な花苗でガーデニング

頑固なひざ痛に苦しむあなたへ

第28回 座間総合病院 ”出張”健康講座

頑固なひざ痛に苦しむあなたへ

おださがプラザで5月29日 午前10時30分から

5月7日号

パソコンの「困った」に対応

パソコンの「困った」に対応

メディアックパソコンスクール橋本

5月7日号

「さらなる地域医療の充実を」

新院長着任し、体制新たに 医療レポート

「さらなる地域医療の充実を」

取材協力/晃友脳神経外科眼科病院

4月29日号

一貫した医療で地元に貢献

渕野辺総合病院医療レポート【3】

一貫した医療で地元に貢献

副病院長 阿部典文

4月22日号

パソコンの「困った」に対応

パソコンの「困った」に対応

メディアックパソコンスクール橋本

4月22日号

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月7日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter