さがみはら中央区版 掲載号:2021年5月13日号 エリアトップへ

未来へバトンをつなぐ その町のほんの小さな八百屋 まる然

社会

掲載号:2021年5月13日号

  • LINE
  • hatena
移動販売車の前で笑顔の尾崎店主と妻の紗矢香さん
移動販売車の前で笑顔の尾崎店主と妻の紗矢香さん

 SDGsの目標3「すべての人に健康と福祉を」の理念のもと、健康や地球のことを考え、無農薬、無化学肥料の野菜と無添加食品にこだわった「移動八百屋」として、昨年の5月から始動。県内外を飛び回り、尾崎将太店主が厳選した新鮮な野菜を届けている。

 結婚を機に「環境問題」に興味を持ち始めた尾崎店主。環境破壊が叫ばれる中、「子どもたちのため、何かできることはないか」と考え、「それなら土の大切さを伝えられる『八百屋』に」と起業を決意。妻と2人で運営する小さな会社だからこそ身軽さを重視するため、移動販売という業態にした。

 扱う野菜は10〜15種類の季節のもので、オーガニック野菜の魅力を広めることにも尽力。「100年後もおいしい野菜を食べられるような地球が理想。未来の子どもたちにすてきなバトンを渡したい」
 

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

マイケルリトル、ベスト15に

三菱重工

マイケルリトル、ベスト15に スポーツ

ラグビーTL(トップリーグ)で初受賞

6月10日号

淵野辺から魅力発信

はやぶさWEEK

淵野辺から魅力発信 社会

「マンホール」「体操」「グルメ・グッズ」で盛り上げ

6月10日号

自転車事故減へ安全啓発

自転車事故減へ安全啓発 社会

中央区職員ら呼び掛け

6月10日号

やまゆり園で追悼式

やまゆり園で追悼式 社会

7月20日  現地で初

6月10日号

「日々の生活にSDGsを」

「日々の生活にSDGsを」 社会

小泉大臣インタビュー

6月10日号

旬な「鮎」を一夜干しに

旬な「鮎」を一夜干しに 経済

1100円(税込) 城山商工会

6月10日号

あっとほーむデスク

  • 6月10日0:00更新

  • 6月3日0:00更新

  • 5月27日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter