さがみはら中央区版 掲載号:2021年6月10日号 エリアトップへ

児童虐待の相談「増加」 社会的関心の高まりも

社会

掲載号:2021年6月10日号

  • LINE
  • hatena

 市は5月21日、子育て支援センターと児童相談所で2020年度に受け付けた児童虐待の相談状況を発表した。

 虐待が疑われる児童は2689人で昨年度から6・5%(165人)増えた。種類別では、脅迫する・無視するなどの心理的虐待、食事を与えない・長時間放置するなどのネグレクト、殴る・蹴るなどの暴行を加える身体的虐待の割合が大部分を占めた。性的虐待も0・3%増加した。

 年齢別では、乳幼児が最も多く、小学生、中学生と続いた。虐待者は実父母がほとんどだった。年齢と虐待者は昨年度と同様の傾向がみられた。

 市によれば、相談の多くは近隣住民や家族親戚からのものだという。市は、「社会的に児童虐待への関心が高まっていることから、報告数が増えたと考えられる」との見解を示した。

 加えて、コロナ禍の影響で家の中にいる時間が増えたことにより、親子トラブルに発展するケースも見られるようになったという。市は、「子育てのことを一人で抱え込まずに相談してほしい」とし、市内各区に1カ所ずつ設置している子育て支援センター(中央区はウェルネスさがみはらA館1階)への相談を呼びかけている。

 詳細は市こども家庭課【電話】042・769・9811へ。
 

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

マイケルリトル、ベスト15に

三菱重工

マイケルリトル、ベスト15に スポーツ

ラグビーTL(トップリーグ)で初受賞

6月10日号

淵野辺から魅力発信

はやぶさWEEK

淵野辺から魅力発信 社会

「マンホール」「体操」「グルメ・グッズ」で盛り上げ

6月10日号

自転車事故減へ安全啓発

自転車事故減へ安全啓発 社会

中央区職員ら呼び掛け

6月10日号

やまゆり園で追悼式

やまゆり園で追悼式 社会

7月20日  現地で初

6月10日号

「日々の生活にSDGsを」

「日々の生活にSDGsを」 社会

小泉大臣インタビュー

6月10日号

旬な「鮎」を一夜干しに

旬な「鮎」を一夜干しに 経済

1100円(税込) 城山商工会

6月10日号

あっとほーむデスク

  • 6月10日0:00更新

  • 6月3日0:00更新

  • 5月27日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter