さがみはら中央区版 掲載号:2021年7月29日号 エリアトップへ

(PR)

渕野辺総合病院医療レポート【4】 「健診で早期発見を」 腎臓内科 長屋 麻由医師

掲載号:2021年7月29日号

  • LINE
  • hatena

 1954年に開院して以来、「地域の中核病院」として地元と歩みを共にする医療法人社団相和会・渕野辺総合病院。今回は、腎臓内科の長屋麻由医師に「慢性腎臓病」について聞いた。

 成人の8人に1人が罹患しているという慢性腎臓病は、腎機能の低下がが3カ月以上続いている状態を指す。進行してしまうと治療法は透析や移植のみで、初期段階での発見が重要となるが「自覚症状が出た段階ではすでに深刻で、将来的に透析治療をすることが決まってしまうことが多い」と長屋医師。

 続けて、「早期発見のために、まず健康診断を受けることが鍵」と助言。慢性腎臓病の患者の約70%は健康診断で発覚している。特に尿検査の結果に異常が認められた場合は注意が必要とされる。同院に隣接し、医療社団法人相和会が運営する「相模原総合健診センター」では人間ドッグや健康診断を実施。万が一、異常を示した場合の再検査や精密検査は同院で受診が可能だ。

治療は二人三脚で

 慢性腎臓病の診断を受けた場合、同院では精密検査を実施した上で、患者それぞれに合わせた治療法を提供。喫煙や飲酒、運動不足など、普段の生活習慣が発症・進行に関わるため、患者本人のみならず、その家族に寄り添い、協力して「二人三脚」で病状の改善をめざす。

 長屋医師は「尿の生成以外にも多くの働きを担う腎臓は、苦しくなるまで悲鳴を上げない。健診での異常は放置せず来院を」と呼びかけた。

医療法人社団相和会 渕野辺総合病院

「共生と至誠」地域社会に密着した総合病院

TEL:042-755-2222

https://www.sowa.or.jp/fuchinobe/

さがみはら中央区版のピックアップ(PR)最新6

美術品・骨董品を高価買取り

9月25日「お宝無料相談会」開催 予約優先

美術品・骨董品を高価買取り

出張査定も受付中

9月16日号

16日、中央店オープン

矢部駅北口店の移転に伴い 御用寿司

16日、中央店オープン

9月16日号

敬老の日に無料相談

県司法書士会

敬老の日に無料相談

予約は9月17日まで

9月9日号

「相続登記 お忘れなく」

井口司法書士事務所

「相続登記 お忘れなく」

自宅への訪問相談も受付中

9月2日号

「慢性腰痛に終止符を」

JR相模原駅から徒歩3分

「慢性腰痛に終止符を」

整体院すみれ

8月26日号

「ボロボロでもご相談を」

自宅に眠るブランド品

「ボロボロでもご相談を」

買取専門店ブランドアーズ

8月26日号

あっとほーむデスク

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

  • 8月26日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook