さがみはら中央区版 掲載号:2021年9月23日号 エリアトップへ

五輪総括(上) 受け入れ万全で評価 事前キャンプ・聖火リレー

スポーツ

掲載号:2021年9月23日号

  • LINE
  • hatena
代替実施された点火セレモニー
代替実施された点火セレモニー

事前キャンプ

 東京五輪の事前キャンプ地として、相模原市はブラジル選手団、カナダ代表ボートチームのホストタウンを務めた。

 新型コロナウイルス感染症の対策として、両国の選手団とも日本に入国する前にワクチン接種を2回受けたほか、PCR検査も毎日実施するなど予防体制を十分に行って臨んだ。入国してからの検疫でも全員が陰性証明を受けていた。

 ブラジル選手団は競技ごとに入国を分け、全体では7月13日から30日まで、宮ヶ瀬湖畔に宿泊したカヌーチーム以外はホテルセンチュリー相模大野(南区)に滞在した。選手たちの行動は宿舎から練習会場までのバスでの往来のみで、市民との接触を回避する方策が取られるなど外出には厳しい行動制限が取られた。

 施設環境については事前にテストキャンプを行っていたため、選手たちは慣れた環境で練習に臨めていたとされる。競泳チームに至っては市を訪問するのは3回目で、「使いやすい」との声が上がった。

 カナダ代表ボートチームは7月2日から17日までの期間、緑区名倉の「研修センターふじの」に滞在した。選手たちは事前に自国で隔離生活を行った上で入国するなど感染予防を徹底して臨んでいた。同じく市民との接触を避け、行動制限が取られた。

 両国ともに感染予防の徹底が奏功し、選手団、市職員などの関係者に感染者は一人も出なかった。市担当者は、「受け入れたすべての競技でリオ大会を上回る好成績を収めてもらったことは、市としても誇り。練習する上での環境づくりが成功した結果といえるのではないか」と話す。

聖火リレー

 公道走行の中止に伴い、橋本公園(緑区)での点火セレモニーが代替実施。リレー出場者の関係者などによる無観客開催となり、一般市民は入場不可となった。リレー出場者の中には辞退者もいたが、ほとんどが参加して無事にすべてのトーチキスを行った。使用されたトーチは市の所蔵品として博物館に残され、感染状況を踏まえて展示会などが行われる見通し。聖火リレーを記念した銘板も市内3カ所に設置されることが決まっている。=次号で(下)編

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

メイプルフリマ開催

メイプルフリマ開催 経済

10月31日(日) 午前10時から

10月21日号

クラシックで秋を優雅に

クラシックで秋を優雅に 文化

27日 ランチタイムコン

10月21日号

市長とまちづくりを語る

市長とまちづくりを語る 社会

10月22日 JCが例会配信

10月21日号

「森の素晴らしさ知って」

「森の素晴らしさ知って」 社会

下草刈りボラ参加者募集

10月21日号

SDGsカルタを寄贈

SDGsカルタを寄贈 社会

 啓発団体が制作

10月21日号

アマゾン探検、延長に

アマゾン探検、延長に 文化

相模川ふれあい科学館

10月21日号

あっとほーむデスク

  • 10月21日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

  • 10月7日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  •  縄文世界を見に行こう!

    相模原市立博物館レポvol.23文化財×博物館×図書館×旧石器ハテナ館連携事業

     縄文世界を見に行こう!

    「世界遺産じゃないけど相模原にもある縄文遺跡群」博物館考古担当学芸員 河本雅人・長澤有史

    10月21日号

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook