さがみはら中央区版 掲載号:2022年5月12日号 エリアトップへ

相模原市 ブックオフで空き家相談 包括連携協定受け 

コミュニティ社会

掲載号:2022年5月12日号

  • LINE
  • hatena
空き家相談会開催時のブックオフ店頭=ブックオフコーポレーション提供
空き家相談会開催時のブックオフ店頭=ブックオフコーポレーション提供

 全国的に増加傾向があり、「近隣への迷惑」などの問題も多い「空き家」について相模原市は、書籍などの総合リユースショップなどを運営するブックオフコーポレーション(南区古淵)の店舗を利用し相談会を開いている。昨年締結した包括連携協定を受けての事業の一つ。空き家所有者の解決策として期待がかかる。※関連記事あり

コンサル対応 解決の一助に地元企業 市内に1号店 

 ブックオフは1990年、相模原市に直営1号店がオープン。同社は翌91年に設立し98年、古淵駅前の現所在地に本社を移転した。現在はグループ全体で国内外約800店舗を運営している。

 相模原市と同社は2021年4月、リユースの推進、教育支援など7つのテーマに関する包括連携協定を結んだ。そのテーマのひとつに「空き家対策に関すること」があり、両者はこれまで具体的な展開を模索してきた。

すでに3回

 その中で、相談会は空き家所有者、あるいは今後空き家を持つ可能性のある人の「どこに相談したら良いのかわからない」という悩みを解決する一助になればと企画された。今年1月、2月、3月に合計3回、市内のブックオフ店舗で開催され合計8人が訪れた。対応は同社が提携する空き家のコンサルティング会社の担当者。立ち会った同社執行役員の井上徹さんは「相談者を目の当たりにして、改めて使命感に駆り立てられました」と振り返る。相談者は「60代の女性」が多く、「相談先がわからない。解決方法がわからない」という悩みがほとんどだったという。また「ブックオフは馴染みがあるので申し込みやすかった」と、その「敷居の低さ」を歓迎する声も聞かれたそう。

愛知県でも取り組み

 同社が空き家についての取り組みを始めたのは20年に愛知県南知多町と協定を結んだことがきっかけ。同社は空き家所有者の悩みを解決することは不動産の有効活用、ひいては地域の活性化につながると考えている。相模原市との協定の中で「空き家対策に関すること」が盛り込まれたのは、このような流れを受けて。井上さんは相談会について「空き家のお悩みは一人では解決できないものと感じました。まずは気軽にご相談いただきたい」と話す。相模原市は「連携することで市内の管理不全の空き家の増加抑制につながれば」としている。

今月以降も開催

 相談会は5月もあり(予約制/27日、28日)、今後、月に1回のペースで開催予定。スケジュールは「広報さがみはら」などで確認できる。

相談会で対応にあたるコンサルタント=同社提供
相談会で対応にあたるコンサルタント=同社提供

相模原市から大切なおしらせです

新型コロナウイルスワクチンの詳しい情報については市HPをご確認ください

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/kenko/kansenyobo/1019910/1022588/index.html

<PR>

さがみはら中央区版のトップニュース最新6

商店街応援 今年も補助金

商店街応援 今年も補助金 経済

市 「地域ににぎわいを」

5月26日号

4回目 接種券を発送

新型コロナワクチン

4回目 接種券を発送 社会

あすから 60歳以上など

5月26日号

農園と発電 地域を元気に

農園と発電 地域を元気に 社会

青野原に6月オープンへ

5月26日号

ガールスカウトに関心増

ガールスカウトに関心増 教育

リーダー育成 保護者注目

5月19日号

150周年へ 実行委始動

150周年へ 実行委始動 教育

上溝小 来年10月記念事業  

5月19日号

「維持希望」が6割超

銀河アリーナ

「維持希望」が6割超 社会

市民アンケートの結果

5月12日号

あっとほーむデスク

  • 5月12日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

  • 4月14日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook