さがみはら南区版 掲載号:2011年1月20日号
  • googleplus
  • LINE

“100日連続マラソン”完走、トミーこと 渡辺富夫さん 南区新磯野在住 66歳

走りに走って”トンデモ記録”

 ○…なんと42・195Kmを100日連続走った。「『継続は力なり』という言葉は好きです」とサラリ。およそ30年ほど前に「趣味の山登りのために」と、始めた簡単なジョギング。いつの間にかのめり込み、85年にはフルマラソンを走るまでに。そしてついに100日連続…。安堵感を噛み締めつつ、1月9日、仲間に見守られ、大きな記録を達成した。

 ○…千葉の南の山間部、現在の鴨川市が生まれ。相模原は29歳のときから。新宿まで、小田急線の満員電車に揺られるサラリーマン生活。仕事をしていた当時でも、朝30分ほど近所を走っていた。ランニングできない日はいつも、つり革につかまり”爪先立ち”で1時間ほどのプチトレーニング。「20年前に買ったスーツが今でも着られるんです」。20代の時よりも、今の方が痩せているそうだ。

 ○…共通の趣味”山”で、出会った奥さんとは、今年で結婚40年目。マラソンを本格的に始めたのも元々、誘われて、見学したジョギングクラブがきっかけ。「片方がマラソンにのめり込んで、離婚する夫婦はけっこういるんですよ(笑)」。しかし、同じ趣味があったおかげか、家族との時間は自然と増えた。今回の100日連走には、毎日弁当を用意してくれ、伴走者としても貢献。何かと口を付いて出る「妻に…」と言う言葉から、愛情が伝わってくる。

 ○…「10月の後半は辛かったね」。けれども、この挑戦の企画者や賛同者、達成を証明してくれるために共に走る仲間を考えると、止めるわけにはいかない。積み重ねていくことの意味を信じ続けた。「世界記録だろうから、ギネスブックに申請を出そう!」と、周囲は盛り上がる。「それには、何十万とお金がかかるという話もあって…」。”これだけのマラソンをこなした”、そんな胸の中に光る勲章があれば満足のようだ。それに、「大金がかかるのは妻が承知してくれませんよ」。
 

さがみはら南区版の人物風土記最新6件

小野寺 彩(ひかり)さん

ユニコムプラザさがみはらで展示中の作品「ゆめうつつ」を制作した

小野寺 彩(ひかり)さん

3月8日号

高倉 豪さん

市立環境情報センター所長を務める傍らトライアスロン選手としても活動する

高倉 豪さん

3月1日号

平岡 亮一さん

市歌「相模原市民の歌」に合わせ、体操をベースにしたオリジナル振付を考案した

平岡 亮一さん

2月22日号

吉見 夏稀さん

今季から女子サッカーチーム・ノジマステラ神奈川相模原のキャプテンを務める

吉見 夏稀さん

2月15日号

貞苅(さだかり) 玲(れい)さん

英語劇ミュージカル「A〜主役は“A”」を28日に相模原南市民ホールで開催する

貞苅(さだかり) 玲(れい)さん

1月25日号

とどろきちづこさん

イラストレーターで、桜台美術館で作品の一般公開を行う

とどろきちづこさん

1月18日号

さがみはら南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク