さがみはら南区版 掲載号:2011年9月29日号
  • googleplus
  • LINE

ヒップホップミュージックグループ『シミラボ』リーダー「QN」こと 立谷(たちや) 一成(かずなり)さん 南区双葉在住 21歳

”染みる”フロウ 世界に照準

 ○…カールヘアに甘いマスク、そして色褪せたブルーデニム…まるでロックアイドルのような扮装(いでたち)。「ヒップホップを歌うから、敢えて細身のロックな格好をしてみたり。そういう何か”思わせる”ことは好きですね」。日本のHH(ヒップホップ)シーンにおける若手の超有望株。ふとYouTubeにUPした一曲がきっかけで、その才能は全国に知れ渡った。昨年7月にインディーズデビュー。11月にはグループの2枚目のアルバムを発表する。

 ○…”いつもヘッドフォンをしている奴”。高校時代は周りからそう見られていた。地元の中学校では吹奏楽部に所属。当時スカが好きだったこともあり、チューバを担当。その頃、姉の影響でHHを聴き始める。父親の仕事を手伝い、お金をため、音楽機材を購入。中3でDJデビューを果たした。「ほとんどオタクです」。自宅にある6,000枚のレコードからフレーズを拝借し、トラック(楽曲)を作り出す。フロウ(節回し)を考え自宅でメンバーと録音。ストックは60曲以上にのぼる。

 ○…平日は区内のリサイクルショップに勤務。一日中好みの音楽を聴きながら車を走らせる。お気に入りはザ・フー、キュアなどのニューウェイブ系、カンなどのプログレッシブ音楽。家に帰ると、レコードをまわし、トラックづくり。普段は渋谷、町田などのべニューでライブ/DJ活動。今年は地方ツアーも行い、先日は横浜での脱原発イベントにもソロ出演した。

 ○…地元をテーマとした曲も存在する。グループのPVには、南区の様々な風景も見られる。よく訪れるという相模大野のイメージは「狭い」。広い視野をもてば、それがいかに小さいことかわかるもの。現在は2年後の海外デビューを目指し、英語を学び軍資金を集める。「HHが良いのは自由なところ。歌う内容も、使う楽器も、曲のテンポも決まりがない」。♪Don't touch me.「自分の上に何かがあるのがいやなんですよ」。
 

さがみはら南区版の人物風土記最新6件

小野寺 彩(ひかり)さん

ユニコムプラザさがみはらで展示中の作品「ゆめうつつ」を制作した

小野寺 彩(ひかり)さん

3月8日号

高倉 豪さん

市立環境情報センター所長を務める傍らトライアスロン選手としても活動する

高倉 豪さん

3月1日号

平岡 亮一さん

市歌「相模原市民の歌」に合わせ、体操をベースにしたオリジナル振付を考案した

平岡 亮一さん

2月22日号

吉見 夏稀さん

今季から女子サッカーチーム・ノジマステラ神奈川相模原のキャプテンを務める

吉見 夏稀さん

2月15日号

貞苅(さだかり) 玲(れい)さん

英語劇ミュージカル「A〜主役は“A”」を28日に相模原南市民ホールで開催する

貞苅(さだかり) 玲(れい)さん

1月25日号

とどろきちづこさん

イラストレーターで、桜台美術館で作品の一般公開を行う

とどろきちづこさん

1月18日号

さがみはら南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク