さがみはら南区版 掲載号:2011年10月27日号
  • googleplus
  • LINE

相模女子大学「第43回相生祭」大学祭実行委員長 吉田彩月(さつき)さん 横須賀市在住 19歳

”乙女系”その内面は「男前」

 ○…8つの大学・短大がキャンパスを構える相模原にとって、学祭の時期は、いわば”トップシーズン”。中でも、相模大野周辺は、活気に華やぎが混じった独特の雰囲気に。南区文京の相模女子大学の「相生祭(あいおいさい)」は、幼稚部から大学までが一丸となった学園祭。40年以上、街とともに進化してきた。大学部門だけでも、実行委員会は200人余り。今年、その大所帯を統括する立場に。「昼休みに学祭準備室に顔を出すと、相談事が絶えないので、必ずランチを食べ損ねます」。

 ○…ほんわかした第一印象に、「コイバナ好き」という”乙女”ぶり。一方で、実行委員からは、「和気藹々とした空気を作るのがうまい。今年の大学祭の魅力のひとつは、委員同士の仲の良さ」と手腕を認められる存在だ。「イザというときは、迫力があるし、ビシッと注意も飛ぶ。実はけっこう男前」との人物評も。

 ○…面倒見の良さは、地元・横須賀での中学・高校時代から。中学では、吹奏楽部の副部長を務めた。高校では、文化祭や体育祭の実行委員会で、率先して校舎の装飾を担当。「親には『遊びすぎ』って言われています。姉も高校時代、生徒会の副会長だったので、お祭り好きは”血統”かも」。

 ○…日本語日本文学科の2年生。万葉集や古事記などの、いわゆる上代文学の研究にいそしむ。「最初は全く意味が分からない歌も多いんです。でも、言葉や品詞をコツコツ分析していくと、パズルが解けるように、理解できる瞬間があるんですよ」とその魅力を語る口調は、瞬く間にヒートアップ。将来の夢は「司書の資格を取って、今の研究が繋がることを。でも、まずは相生祭の成功!」。当日は、実行委員を探すアトラクションに出演!?「私のことも、ぜひ見つけて下さいね」。
 

さがみはら南区版の人物風土記最新6件

小野寺 彩(ひかり)さん

ユニコムプラザさがみはらで展示中の作品「ゆめうつつ」を制作した

小野寺 彩(ひかり)さん

3月8日号

高倉 豪さん

市立環境情報センター所長を務める傍らトライアスロン選手としても活動する

高倉 豪さん

3月1日号

平岡 亮一さん

市歌「相模原市民の歌」に合わせ、体操をベースにしたオリジナル振付を考案した

平岡 亮一さん

2月22日号

吉見 夏稀さん

今季から女子サッカーチーム・ノジマステラ神奈川相模原のキャプテンを務める

吉見 夏稀さん

2月15日号

貞苅(さだかり) 玲(れい)さん

英語劇ミュージカル「A〜主役は“A”」を28日に相模原南市民ホールで開催する

貞苅(さだかり) 玲(れい)さん

1月25日号

とどろきちづこさん

イラストレーターで、桜台美術館で作品の一般公開を行う

とどろきちづこさん

1月18日号

さがみはら南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク