さがみはら南区版 掲載号:2012年10月4日号
  • googleplus
  • LINE

北里 「50」「100」 記念イヤー 大学・研究所創立 大野に記念旗(フラッグ)

 北里大学(相模原キャンパス=南区北里)が今年、創立50周年を、北里研究所(東京都港区)が2年後の2014年に100周年を迎えるにあたり、学校法人北里研究所ではこの大きな節目の3年間を受けて、創立記念事業「Kitasato100×50 プロジェクト【未来科学の創造〜Pioneer the Next〜 】」を立ち上げた。今年に入ってから続々と記念行事を行っており、その一環として、先月末から相模大野北口商店会に記念フラッグ=写真が登場した。

 創立者である北里柴三郎博士は、伝染病の撲滅に尽力すべく、1914年、現在の所在地(港区白金5丁目)に北里研究所を創設した。その後、全国各地に創始者の精神は受け継がれ、生命科学系総合大学の北里大学、2つの医療系専門学校を擁する学校法人として、発展。2012年が北里大学創立50周年にあたり、2014年は北里研究所創立100周年となる。

 「この記念イヤーに一緒に何かできないか」と、相模原キャンパスへのバス発着ターミナルがある相模大野駅北口の商店会から、声がかかったことがきっかけ。フラッグには周年のロゴと、このほど一新した商店会のロゴがプリントされている。商店会メーンのコリドー通りに9枚、伊勢丹前、バス昇降通りなど、駅周辺に合計50枚が設置されている。商店会全体でこの記念プロジェクトを盛り上げている。

 フラッグは大学のキャンパス(相模原/白金)にも、14年まで設置される。

切手、シンポも

 さらに記念プロジェクトとして現在、学祖・北里柴三郎氏ゆかりの品や、創設当時の研究所がデザインされた「記念切手」をキャンパス内で販売中。また、10月21日(日)には、『近代医学の父 ―― 北里柴三郎』をテーマに、大学の白金キャンパスで記念シンポジウムが行われる。申込みはホームページ(http://www.asahi.com/e-post/)より。明日5日(金)締切。

 なお、来年の北里研究所創立記念日(11月5日)には、式典・祝賀パーティが予定されている。
 

さがみはら南区版のトップニュース最新6件

100歳翁が語る郷土史

初の日本人優勝者に

相南在住古海行子さん

初の日本人優勝者に

4月12日号

「不定期で続けます」

釣り堀遊び野口徹也さん

「不定期で続けます」

4月5日号

「相模原事典」を作成

郷土史家涌田夫妻

「相模原事典」を作成

4月5日号

ホーム開幕戦で勝利

ノジマステラ神奈川相模原

ホーム開幕戦で勝利

3月29日号

おださがの「春の風物詩」

さがみはら南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「さくら」の競演

「さくら」の競演

相模川芝ざくらまつり

4月1日~4月20日

さがみはら南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月12日号

お問い合わせ

外部リンク