さがみはら南区版 掲載号:2015年5月28日号 エリアトップへ

市職員として勤め、フルマラソン大会などへの出場を続ける 青山 由佳さん 南区在住 28歳

掲載号:2015年5月28日号

  • LINE
  • hatena

走り「楽しむ」公務員ランナー

 ○…市職員として勤める傍ら、ハーフ、フル問わずマラソンレースに挑み続ける公務員ランナー。きゃしゃな体型からは想像しがたい粘り強い走りと追い込みが持ち味だ。近走では4月に町田市で行われた武相マラソンのハーフで優勝。今年で出場4回目となった東京マラソンでは、規準タイムを満たした選手によるエリートの部で25位につけるなど健闘が光った。

 ○…陸上に携わるようになったのは中学から。バスケットボール部と迷うも、「朝練が無いから」と陸上部へ。卒業後、「自宅から近いから」と東海大相模高へ進学。陸上部を続けると、恩師と素敵な仲間たちに出会った。タイムも伸び出し、走ることに夢中になっていった。魅力はゴールしたときの達成感。苦しい練習もゴールが忘れさせてくれる。現在は、大学の先輩が立ち上げた社会人クラブチームに所属。他大学出身者と肩を並べ、毎週日曜は県内各所で黙々と走る。「朝ラン」も日課。5時半に起床し10Kmほど走ってから出勤する。

 ○…趣味は食べラン、ならぬ「旅ラン」。知らない地のレースに出てはご当地グルメに舌鼓を打つのが楽しみだ。これまで北は北海道から南は九州まで参加。富山で食べたホタルイカは特に忘れられない絶品だった。今年は長崎県の「夕やけマラソン」への参加をにらむ。日本で最後に沈む夕陽を背に走るのがこの大会の醍醐味だ。もちろん大好きなグルメにも頭をめぐらせる。

 ○…多くのレースに参加することで友達が増え、徐々に輪ができていくことに喜びを感じている。そうした喜びを味わえたのは、走るのをやめずに、「楽しむ」ことを心がけてきたから。高校の恩師の言葉が今でも胸に宿る。「『いい加減が、良い加減なんだ』って」とにっこり。夢はレースに出て世界中を旅すること。ベトナム、豪州、まだ見ぬ国々に思いを馳せる。走り続けるたびに、友達の輪は海を越えてさらに広がりそうだ。

住まいの大相談会

5/18・19 相模大野ステーションスクエア3Fアトリウム広場

https://www.odakyu-chukai.com/branch/sagamiono/

<PR>

さがみはら南区版の人物風土記最新6

池田 早苗さん

書家としてふるさとで初の個展を開催した

池田 早苗さん

相武台在住 75歳

10月21日号

佐藤 大介さん

東京2020パラリンピックのブラインドサッカー競技で日本代表のゴールキーパーを務めた

佐藤 大介さん

南区在住 37歳

10月7日号

石川 雄洋さん

アメリカンフットボールの地元チーム・ノジマ相模原ライズに入団した

石川 雄洋さん

東京都在住 35歳

9月30日号

小川 護さん

公益社団法人神奈川県薬剤師会の会長に就任した

小川 護さん

東林間在住 62歳

9月16日号

高木 琢也さん

地元サッカークラブ・SC相模原の監督を務める

高木 琢也さん

東京都在住 53歳

8月26日号

安田 純子(すみこ)さん

相模原法人会女性部会の部会長に就任した

安田 純子(すみこ)さん

南台在住 68歳

8月19日号

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月30日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook