さがみはら南区版 掲載号:2015年6月25日号 エリアトップへ

環境大臣表彰を受けた大沼西養寿会の会長を務める 野村 光平さん 西大沼在住 65歳

掲載号:2015年6月25日号

  • LINE
  • hatena

新たな人生、地域と共に

 ○…西大沼地域で続けてきた美化活動への功績が認められ、環境大臣から表彰を受けた老人クラブ「大沼西養寿会」。同会最年少会員でありながら、56人の先輩を引っ張る大役を務めている。60歳の時、当時の会長に「人数が少ないから助けてほしい」と頼まれて入会したが、1年後には後を継ぐことに。その結果、4年前に県から、今年は国から表彰を受ける名誉を授かった。ただ、「自分が何かをしたわけではない。諸先輩方の功績ですから」とあくまでも謙虚だ。

 ○…岐阜県で生まれ、東京都で育った。結婚を機に西大沼に移り住んだのは35年前。「閑静と言えば聞こえはいいけど、周囲に桑畑しかなくて。道路が狭くてタクシーの運転手さんに嫌な顔をされたね」。当時は調理師として都内で勤務。「2時間かけての通勤は小旅行だった」と笑う。それでも、カッコウやウグイスの鳴き声が聞こえる環境に幸せを感じた。今でも、森の中でのラジオ体操を日課として楽しんでいる。

 ○…奥様が40代の時に乳がんと診断された。手術したものの、その後も入退院を繰り返した。最初の診断から8年、主治医から告げられたのは「余命3カ月」という予期せぬ言葉だった。それまでは仕事一筋の生活。しかし迷わず退職し、一緒に過ごす道を選ぶ。「僅かでも同じ時間を過ごせた。悔いはないです」。独りで気落ちしている時、気晴らしに自治会の活動に参加してみないかと声をかけられた。「その声がなければ、今の自分はいなかった」

 ○…自治会や老人クラブは全市的に会員数が減少傾向にある。「自分が救われたからこそ、多くの人に参加してほしい」と素直に思う。現在は西大沼中央自治会副会長や大沼公民館文化部副部長も兼任。カラオケやペタンク、グラウンドゴルフにも参加している。「忙しいけど毎日が楽しい。退職前と後とでは全く違う人生ですよね」。充実した笑みが浮かんだ。

住まいの大相談会

5/18・19 相模大野ステーションスクエア3Fアトリウム広場

https://www.odakyu-chukai.com/branch/sagamiono/

<PR>

さがみはら南区版の人物風土記最新6

石井 茂さん

2020年度の消防庁長官表彰を受けた

石井 茂さん

中央区東淵野辺在住 59歳

10月22日号

磯野 正彦さん

9月に相模原南警察署の署長に就任した

磯野 正彦さん

相模大野在住 58歳

10月15日号

萩原 真澄さん

神奈川県畳工業協同組合相模原支部の支部長についた

萩原 真澄さん

中央区高根在住 57歳

10月8日号

浅利 昌男さん

学校法人麻布獣医学園の第16代理事長に就任した

浅利 昌男さん

町田市在住 68歳

9月24日号

江成 二郎さん

相模原市商店連合会の会長に就任した

江成 二郎さん

中央区中央在住 63歳

9月10日号

山口 友彦さん

相模原市青年工業経営研究会(青工研)の2020年度会長を務める

山口 友彦さん

緑区大島在住 41歳

9月3日号

あっとほーむデスク

  • 10月1日0:00更新

  • 9月24日0:00更新

  • 9月17日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク