さがみはら南区版 掲載号:2017年2月2日号 エリアトップへ

相模大野駅前に開設された「K-1ジム相模大野KREST(クレスト)」の代表を務める 渡辺 雅和さん 横浜市在住 33歳

掲載号:2017年2月2日号

  • LINE
  • hatena

いざ「頂点」を目指す旅へ

 ○…「ペットショップで動物と触れ合うのが好き」。元K-1選手という経歴、強面の風貌からは想像できない、チャーミングな趣味の持ち主だ。「争い事が嫌い」と自身の性格を評するが、格闘技の世界に足を踏み入れて14年、その歴史は戦いの連続だった。

 ○…1983年、山口県出身。高校まではバスケ一筋で、キックボクシングとの出会いは、福岡に住んでいた18歳の頃。TVで見たK-1の試合に衝撃を受け、翌年1月に上京。町田にある道場の門を叩いた。本格的に練習を始めてから僅か5か月で迎えたデビュー戦。怪我をした選手の代理で、急きょ回ってきた出番だった。「恐怖感と、負けたことへの恥ずかしさが今でも忘れられない」。2012年に引退するまでの9年間、ベルトに手は届かず。「喜びより、悔しさの方が勝った」現役生活だったが、「だからこそ今がある。胸を張って誇れるものを探している途中なんです」と語る。

 ○…引退後はバーの店長として働きながら、昼間は道場のトレーナーとしても活動。現役時代より多忙を極めたが「1試合1試合に選手の人生がかかっている。責任は重いが、勝利した時の嬉しさは自分の試合以上」と表情は明るい。2014年からは選手を束ねる立場となり、後進のために休みなく走り続ける毎日だ。「止まったら死んでしまう気がする」と苦笑する。

 ○…入門当初から籍を置いてきた道場から、多くの選手と共に昨年9月に独立。「KREST(クレスト)」を立ち上げた。大きな転機となったが、「自分が迷えば皆が迷う。前しかみていなかった」。バーの職を辞し退路を断ち、新たな練習拠点として、またK-1を身近なスポーツとして体感してもらうため、相模大野にジムを開設した。「地域のイベントにも積極的に参加したい」と意欲を見せる。現在、体重別の王者6人を擁するが、「現状に満足せず、どん欲に上を目指す」。戦いの日々はまだまだ終わらない。

さがみはら南区版の人物風土記最新6

西田 周三さん

「かみつるま てくてくマップ」のイラストを手掛けた

西田 周三さん

上鶴間本町在住 75歳

5月13日号

平野 和夫さん

NPO法人相模原こもれびの理事長に就任した

平野 和夫さん

中央区在住 63歳

4月22日号

山角 直史さん

無料学習支援塾「おひさま」の代表を務める

山角 直史さん

東京都在住 28歳

4月15日号

能勢 光さん

相武台団地商店街に開所した認知症対応型デイサービスの管理者を務める

能勢 光さん

中央区陽光台在住 37歳

4月8日号

米田 勝さん

新磯地域を案内する「新磯コンシェルジュ」の代表を務める

米田 勝さん

新磯在住 77歳

4月1日号

池田 宗道さん(本名:池田直道)

インターネット上で文化芸術支援コンサートを主催した相模原市文化協会会長の

池田 宗道さん(本名:池田直道)

豊町在住 75歳

3月11日号

相模原市からのお知らせです

新型コロナウイルスワクチン接種の詳しい情報については市HPをご確認ください

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/kenko/kansenyobo/1019910/1022588/index.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月13日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter