さがみはら南区版 掲載号:2017年3月16日号 エリアトップへ

相模女子大学 大野でインバウンド調査  2020年見据え「観光強化へ」

社会

掲載号:2017年3月16日号

  • LINE
  • hatena
外国人向け料理教室を体験
外国人向け料理教室を体験

 相模女子大学ではこのほど、市観光協会の依頼を受け相模大野駅周辺で外国人の動向調査を行った。学生は地元の飲食店など約50店を訪問し、外国人の受け入れ体制や受け入れに関する課題などの聞き取りを行ったほか、実際に日本文化などを体験した。



 この取組みは、2020年に開催される東京五輪・パラリンピックを見据えて市内でも外国人観光客の増加が見込まれることから、市の観光業を推進する第一歩として始めたもの。観光協会では、同大のほか、市が包括連携協定を結ぶ東海大学、横浜国立大学に各々の項目で調査を依頼した。

 相模大野周辺の動向調査を請け負った、相模女子大学・英語文化コミュニケーション学科の小泉京美准教授のゼミ生16人は、昨年11月頃から始動。4チームに分かれ、観光協会の調査リストに基づき、外国人の受け入れに取り組んでいる、また、日本文化を発信している店舗などへ訪問し聞き取りを行った。

 さらに学生は、実際に茶道、武道、陶芸、和食料理など日本ならではの文化に触れることのできる教室にも訪問し、肌で体感した。

 小泉准教授は「学生自身も街について知ることの出来る良い機会になった」と振り返り、「観光強化には個店でなく街全体で取り組むべきことと再認識した」と話していた。観光協会では、今回の調査結果を踏まえ、29年度以降の取組みに生かしていくとしている。
 

さがみはら南区版のトップニュース最新6

ステラ10周年切手を制作

日本郵便南関東支社

ステラ10周年切手を制作 スポーツ

NFPで贈呈式

5月12日号

南区から1人・1団体

春の褒章

南区から1人・1団体 社会

市内では2者のみ

5月12日号

障害児招きサッカー交流

ノジマステラ

障害児招きサッカー交流 スポーツ

2度目のアクションデイ

5月5日号

12年で約2600人減

南区子どもの人口

12年で約2600人減 社会

3区の中では減少幅最小

5月5日号

元サッカー日本代表と対戦

SC選抜U-15

元サッカー日本代表と対戦 スポーツ

29日、横浜戦の前座で

4月28日号

障害者の感性伝わる作品展

フェースofワンダー

障害者の感性伝わる作品展 社会

5月3日からユニコムで

4月28日号

「終活」なるおど教室開催中

年金・保険・役所手続き 葬儀後の手続きと今話題の永代供養について

https://www.e-nagataya.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月7日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook