さがみはら南区版 掲載号:2017年6月15日号 エリアトップへ

女子美卒 作品が深夜ドラマに 漫画家・岩岡ヒサエさん

文化

掲載号:2017年6月15日号

  • LINE
  • hatena
「孤食ロボット」1巻書影(C)岩岡ヒサエ/集英社
「孤食ロボット」1巻書影(C)岩岡ヒサエ/集英社

 女子美術大学・相模原キャンパス(南区麻溝台)を卒業した漫画家、岩岡ヒサエさん(40)の作品「孤食ロボット」が、このほど実写ドラマ化される。放送は6月19日(月)深夜から。

 岩岡さんは千葉県出身。大学時代は小田急相模原駅を利用し、駅近くの天ぷら屋でアルバイトをしていたという。卒業後は働きながら漫画を描く日々。2002年、雑誌に投稿した作品が掲載され、小学生の頃抱いた夢を実現させた。

 「孤食ロボット」は、(株)集英社刊行の隔月誌「Cookie(クッキー)」に連載。単身者の住まいにある日送られてきた小さなお手伝いロボットが、食のサポートだけでなく、登場人物の心も癒やしていくというストーリー。岩岡さんは「漫画の着想は身近な悩みや面白かったことなどから得ている。今作はロボットというテーマに、自分の料理コンプレックスを交えて描きたいと考えた。ドラマでは、小さなロボットが人に与える『大げさでない』変化に共感したり楽しんでもらえたら嬉しい」と話す。放送は日本テレビで、毎週月曜日深夜24時59分から25時29分まで。

さがみはら南区版のローカルニュース最新6

あっとほーむデスク

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

  • 8月26日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook