さがみはら南区版 掲載号:2017年8月3日号 エリアトップへ

全国高校野球選手権県大会 東海大相模 決勝で涙 「父子で甲子園」 叶わず

スポーツ

掲載号:2017年8月3日号

  • LINE
  • hatena
試合後、握手をかわす門馬監督と大選手
試合後、握手をかわす門馬監督と大選手

 第99回全国高校野球選手権大会神奈川大会の決勝が7月29日に横浜スタジアムで行われ、横浜と対戦した東海大相模(相南)は3-9で敗れ準優勝となった。同チームには門馬敬治監督(47)の長男、大(ひろ)選手(3年)がおり、父子での甲子園出場を狙ったが、あと一歩届かなかった。

 共にプロ入りした小笠原慎之介(中日)、吉田凌(オリックス)の両エースを軸に全国制覇を成し遂げた2015年以来の甲子園出場を目指した東海大相模。5回戦の向上戦は苦戦したものの、その他の試合では相手を圧倒し、順調に決勝まで駒を進めた。

 決勝の相手は神奈川の覇権を常に争い続けてきた横浜。東海大相模は秋田稜吾(3年)、横浜は板川佳矢(2年)の両先発で試合が始まった。東海大相模は初回に相手のエラーで幸先よく1点を先取したものの、その裏すぐに追いつかれる展開に。3回には横浜主砲の増田珠外野手(3年)に本塁打を浴びるなど3失点。7回に2点を返したものの、3本の本塁打を許すなど9点を失い、6点差で涙をのんだ。

 整列後はグラウンドに突っ伏して泣き崩れた選手たち。最後まで顔を上げられなかったのが、大選手だった。6番三塁手で先発出場するも、3回二死満塁のチャンスで三振。4回の守備では打球を見失い2塁打としてしまうと、5回裏の守備からベンチに下がった。

 試合後、門馬監督は「この試合に懸けてきただけにダメージが大きい。厳しくつらい毎日を最後まで耐えてきた選手たちを、甲子園に連れて行けず申し訳ない」と涙をこらえて語った。大選手については「一選手なので」と前置きしつつ、「力を発揮させてあげられず、非常に悔しい」と言葉を詰まらせた。大選手も「覚悟を決めて入学した。プレッシャーもあったし、苦しいこともあった。でも監督と一緒にやれて良かった。幸せな2年半でした」と真っ赤な目で取材に応じた。今後の進路は未定としながら、「将来は高校野球の監督になりたい」と笑顔を見せた。

 全国高校野球選手権大会は8月7日、甲子園で開幕する。
 

さがみはら南区版のトップニュース最新6

「相模原から夢の舞台へ」

ダンス&ボーカルTHE SAVAGE

「相模原から夢の舞台へ」 文化

10日に初アルバム刊行

3月4日号

SC経営 DeNAが参画

SC経営 DeNAが参画 スポーツ

地域振興に向けタッグ

3月4日号

SC相模原 いざJ2開幕

SC相模原 いざJ2開幕 スポーツ

28日、初戦は京都サンガ

2月25日号

飲食店応援に「メシチケ」

飲食店応援に「メシチケ」 経済

区独自 3月5日まで販売

2月25日号

大賞受賞店が決定

コロナに負けないお店大賞

大賞受賞店が決定 経済

投票数は4万件超え

2月18日号

6年ぶり減の2,989億円

当初予算案一般会計

6年ぶり減の2,989億円 政治

緊縮編成 コロナ対策継続

2月18日号

低価格の安心リフォーム!

品質と価格で選ばれているアイテリアナカムラにお任せください!

https://aiteria-n.co.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 3月4日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月18日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク