さがみはら南区版 掲載号:2017年9月21日号 エリアトップへ

東海大相模高校出身で、夏の甲子園ベスト4入りを果たした東海大菅生高校野球部の監督を務める 若林 弘泰さん 51歳

掲載号:2017年9月21日号

  • LINE
  • hatena

「魂の野球」甲子園で輝く

 ○…3年連続決勝戦で敗れていた西東京大会を”4度目の正直”で制し、甲子園でも自慢の強打と投手力を発揮。チームを4強に導いた。躍進の理由は選手の「意識改革」。甲子園出場を目指すのではなく、”日本一”を目標に掲げ、全国を勝ち抜くという強い意志を日頃から選手に植え付けた。「不調な選手がいても全員でカバーした。チーム力がアップした」と輝きを放った教え子たちを称える。

 ○…茅ヶ崎市出身。子どもの頃に横浜市に移り住んだ。小学3年で少年野球チームに入り、投手や捕手などで活躍。区大会で準優勝した経験も。「その当時が自分の野球の原点」と振り返る。中学を卒業すると東海大相模高校へ。名将・原貢監督からは日頃の練習や試合、グラウンド整備の時にも気を抜かず、魂を込めて野球に徹するという心構えを教わった。「試合に勝たせたい、上手にさせたいという情熱が伝われば、選手がそれに応えてくれる」。現役時代に出会った指導者たちの「魂の野球」は、監督になった自分を支えている。

 ○…東海大、社会人野球を経てプロ入りし、中日ドラゴンズで6年間プレー。引退後は運送会社などで勤務した。野球から離れていた頃、高校野球の監督を務める先輩の存在を知って自らも「また野球に携わりたい」と思うように。30代後半で再び大学に通い、教員免許を取得。東海大菅生の教員になり、09年から監督に就いた。「『なりたい』と思うだけで行動を起こしていなかったら、現在の自分はない」。生徒には思いを形にする行動の大切さを伝えたいという。

 ○…子どもは息子が2人。現在は妻とあきる野市の学校近くで暮らす。専門は社会科。歴史の本が好きで、幕末の藩士・高杉晋作の「おもしろきこともなき世をおもしろく」という歌が心に残る。「すべてはやる気。やる気さえあれば不可能はない」。頂点を目指す強い情熱と意志を胸に、「魂の野球」を伝え続ける。
 

住まいの大相談会

5/18・19 相模大野ステーションスクエア3Fアトリウム広場

https://www.odakyu-chukai.com/branch/sagamiono/

<PR>

さがみはら南区版の人物風土記最新6

梶浦 奈緒子さん

日本画家で、岩絵具の普及に努める

梶浦 奈緒子さん

緑区川尻在住 34歳

4月2日号

城ヶ滝 一朗さん

アメリカンフットボール・ノジマ相模原ライズの新ヘッドコーチに就任した

城ヶ滝 一朗さん

中央区在住 42歳

3月12日号

藤井 和子さん

鳥に関するエッセイ集「とり・トリのおはなし」を出版した

藤井 和子さん

東林間在住 74歳

3月5日号

伊勢 真一さん

相模女子大学グリーンホールで上映される『えんとこの歌』を監督した

伊勢 真一さん

町田市在住 71歳

2月27日号

北野 誠さん

女子サッカーチーム・ノジマステラ神奈川相模原の監督に就任した

北野 誠さん

町田市在住 52歳

2月20日号

小方 颯(そう)さん

競泳個人メドレーで1年生ながら高校総体2冠、国体優勝など目覚ましい活躍を見せる

小方 颯(そう)さん

緑区東橋本在住 16歳

2月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月21日号

お問い合わせ

外部リンク