さがみはら南区版 掲載号:2018年3月1日号 エリアトップへ

相模女子大 大磯町商工会と連携 ミカンのアロマを商品化

経済

掲載号:2018年3月1日号

  • LINE
  • hatena
プロジェクトに携わるメンバー=2月15日 相模女子大学
プロジェクトに携わるメンバー=2月15日 相模女子大学

 相模女子大学・同短期大学部(風間誠史学長)で2月15日、大磯町産ミカンを活用したアロマオイルの試作品発表会が行われた。この試作品は、まちおこしの一環として廃棄ミカンを使った名産品の開発を進めてきた大磯町商工会(重田照夫会長)が完成させたもの。今後は両者が連携するプロジェクトとして、学生の視点や意見を取り入れながら、来年度中の商品化を目指していく。

 プロジェクトのタイトルは「マチ、カオル。Oiso」。ミカン栽培が盛んな大磯町では、大きな実の収穫を目的に夏頃に間引きをするが、落とされた実は放置されてきた。これを有効活用しようと、大磯町商工会女性部(高橋みどり部長)が昨夏より議論を重ね、アロマオイルの商品化というアイデアが生まれた。ただ当初は「実現性の面から部内でも反対が多かった」と高橋部長は話す。それでも若いミカン農家からの「ぜひ頑張ってほしい」との声に後押しされプロジェクトをスタート。大磯町と同商工会、中南信用金庫とともに「商工業者等支援に向けた連携と協力に関する協定」を締結していた横浜銀行に協力を要請した。

 要請を受けた横浜銀行は高知県の加工業者との連絡調整など全面的に支援にあたった。さらに「アロマオイル関連の商品化には、若い人の感性が必要」と考え、相模女子大学にプロジェクトへの協力を要請。昨年12月に同行と大磯町商工会が学生にプレゼンを行った結果、24人が参加を決めた。

 相模女子大学・同短期大学の学生は完成した試作品をもとに、香りのモニターやパッケージのデザイン、SNSなどを利用した広報活動に協力する。またミカンの花が咲く時期や、間引きの行われる夏を目安に大磯町を訪れ、フィールドワークにもあたる予定だ。

 風間学長は「女性ならではの発想力で立ち上がったプロジェクトに学生が参加できるのは意義のあること。大磯町商工会女性部の皆さんから多くのことを学んでほしい」と話した。

住まいの大相談会

5/18・19 相模大野ステーションスクエア3Fアトリウム広場

https://www.odakyu-chukai.com/branch/sagamiono/

<PR>

さがみはら南区版のトップニュース最新6

「読む力の向上を」

学力・学習状況調査

「読む力の向上を」 教育

結果分析 市全体で改善へ

1月16日号

重工、13年ぶりTL参戦

重工、13年ぶりTL参戦 スポーツ

花園でドコモと初陣

1月9日号

令和も大野で新成人祝う

令和も大野で新成人祝う 社会

13日「はたちのつどい」

1月9日号

「また淵野辺でパレードを」

青山学院大学

「また淵野辺でパレードを」 スポーツ

V奪還へ 原監督「期待だけ」

1月1日号

「明暦の棟札」初披露

上鶴間本町長嶋神社

「明暦の棟札」初披露 文化

3が日限定で展示

1月1日号

対話を大切にした市政を

市長インタビュー

対話を大切にした市政を 政治

災害、教育問題に注力

1月1日号

津田桂さん、聖火をつなぐ

幻のモスクワ五輪代表

津田桂さん、聖火をつなぐ スポーツ

40年越し 思いを昇華

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月7日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月16日号

お問い合わせ

外部リンク