さがみはら南区版 掲載号:2018年3月1日号 エリアトップへ

相模女子大 大磯町商工会と連携 ミカンのアロマを商品化

経済

掲載号:2018年3月1日号

  • LINE
  • hatena
プロジェクトに携わるメンバー=2月15日 相模女子大学
プロジェクトに携わるメンバー=2月15日 相模女子大学

 相模女子大学・同短期大学部(風間誠史学長)で2月15日、大磯町産ミカンを活用したアロマオイルの試作品発表会が行われた。この試作品は、まちおこしの一環として廃棄ミカンを使った名産品の開発を進めてきた大磯町商工会(重田照夫会長)が完成させたもの。今後は両者が連携するプロジェクトとして、学生の視点や意見を取り入れながら、来年度中の商品化を目指していく。

 プロジェクトのタイトルは「マチ、カオル。Oiso」。ミカン栽培が盛んな大磯町では、大きな実の収穫を目的に夏頃に間引きをするが、落とされた実は放置されてきた。これを有効活用しようと、大磯町商工会女性部(高橋みどり部長)が昨夏より議論を重ね、アロマオイルの商品化というアイデアが生まれた。ただ当初は「実現性の面から部内でも反対が多かった」と高橋部長は話す。それでも若いミカン農家からの「ぜひ頑張ってほしい」との声に後押しされプロジェクトをスタート。大磯町と同商工会、中南信用金庫とともに「商工業者等支援に向けた連携と協力に関する協定」を締結していた横浜銀行に協力を要請した。

 要請を受けた横浜銀行は高知県の加工業者との連絡調整など全面的に支援にあたった。さらに「アロマオイル関連の商品化には、若い人の感性が必要」と考え、相模女子大学にプロジェクトへの協力を要請。昨年12月に同行と大磯町商工会が学生にプレゼンを行った結果、24人が参加を決めた。

 相模女子大学・同短期大学の学生は完成した試作品をもとに、香りのモニターやパッケージのデザイン、SNSなどを利用した広報活動に協力する。またミカンの花が咲く時期や、間引きの行われる夏を目安に大磯町を訪れ、フィールドワークにもあたる予定だ。

 風間学長は「女性ならではの発想力で立ち上がったプロジェクトに学生が参加できるのは意義のあること。大磯町商工会女性部の皆さんから多くのことを学んでほしい」と話した。

さがみはら南区版のトップニュース最新6

甲子園行きに貢献

鉾丸蒼太選手(横浜高校)

甲子園行きに貢献 スポーツ

俊足、巧打持ち味活かす

8月11日号

制服回収箱を庁舎に設置

制服回収箱を庁舎に設置 社会

想定査定額を市へ寄付

8月11日号

「晴れの日」をプレゼント

「晴れの日」をプレゼント 文化

市民団体が応援撮影会

8月11日号

「見えない障害」に理解を

高次脳機能障害

「見えない障害」に理解を 社会

当事者ら協力、冊子制作

8月4日号

3年ぶりに再始動

東林間阿波踊り

3年ぶりに再始動 文化

配信動画による視聴のみ

8月4日号

「おださがRC」が発足

「おださがRC」が発足 経済

正式認証は8月中旬頃

7月28日号

相武台ほうさい殿ご葬儀個別相談

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

https://www.sougi-itabashi.co.jp/housaiden/26sobudai/

出張サポート窓口開催中

マイナンバーカードの申請出張サポート窓口を市内の商業施設などで開催しています

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/tetsuzuki/1024432.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 6月30日0:00更新

  • 4月7日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook