さがみはら南区版 掲載号:2018年6月21日号 エリアトップへ

相模大野「プータン」 料理で広げる笑顔の輪 招待事業が30周年

社会

掲載号:2018年6月21日号

  • LINE
  • hatena

 相模大野の「中國料理ビストロプータン」店主・江幡美智男さん(62)が続けてきた、障がい者等を招待し無償で料理を提供する事業が、6月に30周年を迎えた。この間、同店に招待されたのは70施設以上、約850人に及んでいる。

 東海大相模高校を卒業後、友人と一緒に中国料理店で修業を始めた江幡さん。住み込みで働きながら、夜な夜な友人と夢を語り合った。「その時に、自分の店を持てたら恵まれない子どもたちに食事を提供したいね、と話していた」という。

 念願の店を持てたのは30歳の時。借金を抱え、最初の内は正月も休まず夢中で働いた。ようやく店が軌道に乗り始め、夢だった招待事業を実施できたのは32歳。社会福祉協議会の協力で、地域作業所で働く障がい者を招待したのが最初だった。以降は月に1回、定休日である日曜日に店を開け事業を続けてきた。児童福祉施設の子どもたち、東日本大震災で避難している人などを招いたこともある。「30年を目標に頑張ってきたけど、ここまで続くとは」と苦笑する江幡さん。しかし、障がい者の置かれている現状も知ることができた。「保護者の方から『普段は外食もなかなかできないので、こういう場所を作ってくれて本当に感謝している』と言われたことが嬉しくて頑張れた。それと周囲の協力があったからこそ。体が動くかぎりは続けていきたい」と江幡さんは話している。

さがみはら南区版のローカルニュース最新6

天皇杯、北九州に勝利

SC相模原

天皇杯、北九州に勝利 スポーツ

初出場で3回戦へ

6月17日号

SC相模原後援会が設立

SC相模原後援会が設立 スポーツ

会長に本村市長

6月17日号

救急活動 支え続けて

救急活動 支え続けて 社会

実働50年 アルミの弁当箱

6月17日号

永田屋が就職人気企業に

永田屋が就職人気企業に 経済

独自の取組みが評価

6月17日号

夏の熱戦 組み合わせ決定

高校野球神奈川大会

夏の熱戦 組み合わせ決定 スポーツ

7月10日開幕、開会式はなし

6月17日号

「共同体」を考える

「共同体」を考える 教育

20日 相模大野でセミナー

6月17日号

全国展開だから安心査定

ただいま査定額1.4倍!実施中です。

http://r-hibarigaoka.otakaraya.net/index.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 6月17日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

  • 6月3日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter