さがみはら南区版 掲載号:2018年7月19日号 エリアトップへ

設立10周年を迎えた「NPO法人音楽センター櫻(おう)の会」の理事長を務める 木下 賢治さん 町田市在住 48歳

掲載号:2018年7月19日号

  • LINE
  • hatena

節目であり、再出発の年

 ○…活動の方向性を模索してきた10年間。相模原を拠点に活動する「NPO法人音楽センター櫻の会」は市内外で校歌の作曲などを数多く手がけた故・高橋鐵雄さんが「日本古来の音楽を次世代に」と立ち上げたプロの集まり。設立後間もなく、志半ばに高橋さんが逝去し、当時会員最年少ながら後継者に指名された。「なぜ自分が、という思いだった。一番生意気に意見をぶつけていたからかも」と苦笑する。

 ○…自身はピアニスト。中華料理店を営む両親のもと、小学生の頃から、家にあったピアノをおもちゃ代わりに弾いていた。「ピアノを続けてこられたのは、よき師との出会いのおかげ」。小学3年時から村田光弘氏に、国立音楽大学では柳川守氏に師事し、フリーランスとして演奏活動を続けてきた。作曲、後進の指導に多忙な日々を送るが、今も毎日の練習は欠かさない。「音楽は『その人そのもの』が出てしまう。常に進歩していきたい」と、飽くなき向上心を見せる。

 ○…釣り、ドライブ、カメラ、レコード収集と多趣味で、「一番のストレス解消」という料理にも腕をふるう。制作中、閃きを得るのは「水辺」から。伊豆の山小屋にこもって作曲することもあるという。家庭では二児の父で、歌うことが好きな長女とは自宅での「セッション」を楽しむ。

 ○…現在、会は歌声サロンや音楽セラピー、福祉施設への出張演奏などを活動の基盤としている。10年という節目に感じるのは、継続の重要性だ。「音楽でお年寄りの生きがいや楽しみを創り、地域貢献を続けながら、今後は若い世代にもアピールすべく、活動の幅を広げていきたい」と意気込む。次世代を担う子ども達には「どんどん楽器に触れて、歌って、音楽の楽しさを実感してほしい」とメッセージを送った。

さがみはら南区版の人物風土記最新6

北島 寿(ひさ)子さん

50年続き、一度は閉鎖したバレエスクールを再開させた

北島 寿(ひさ)子さん

相模台在住 82歳

6月23日号

神藤(しんどう) 昭嘉さん

相模原市陸上競技協会の会長を務める

神藤(しんどう) 昭嘉さん

緑区相原在住 74歳

6月16日号

貝瀬 壮(たける)さん

第20回全日本新体操ユースチャンピオンシップ男子新体操個人で優勝した

貝瀬 壮(たける)さん

光明学園相模原高3年 17歳

6月2日号

石川 正典さん

130周年を記念して母校の新磯小学校に桜を寄贈した

石川 正典さん

新戸在住 56歳

5月26日号

渡辺 加代子さん

神奈川県看護協会相模原支部の支部長を務める

渡辺 加代子さん

渕野辺総合病院勤務 67歳

5月19日号

田野村 順子さん

保護司として春の褒章で藍綬褒章を受章した

田野村 順子さん

御園在住 75歳

5月12日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月7日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook