さがみはら南区版 掲載号:2018年11月8日号
  • LINE
  • hatena

共同研究「シーラカンスプロジェクト」で北里大学側の総監督を務める 三宅 裕志さん 逗子市在住 49歳

夢のような時間に感謝

 ○…公益財団法人国際科学振興財団と北里大学海洋生命科学部が行う共同研究「シーラカンスプロジェクト」において、大学側の総監督を務める。11月3日からは学内のアクアリウムラボで、同財団から研究試料として借り受けたシーラカンスの標本展示も開始。学芸員課程の学生らに対し、展示手法などの指導を行ってきた。「興味深い進化の過程なども解説しています。今後も見せ方をブラッシュアップし、多くの子どもたちに足を運んでもらえる展示にしたい」と語る。

 ○…大阪府生まれ。小さい頃から生物好きで、昆虫を捕まえては自宅で飼育してきた。小学生になると叔父の影響で釣りにも目覚め、「気づけば家の中は虫かごと水槽だらけでした」と苦笑する。鹿児島大学理学部生物学科に進学すると、尊敬する教授の影響によりクラゲ類の生態学に没頭。東京大学大学院まで進み、博士課程を修了した。その後は海洋研究開発機構、新江ノ島水族館に勤務。2007年から北里大学に籍を置いている。

 ○…奥様は大学時代の同級生。研究者という仕事柄、国内外を飛び回ることも多いが、長男の出産はちょうど航海と航海の合間で「何とか立ち会えた」と胸をなでおろした。今の息抜きは中学生になった長男とのバスケットボールの1ON1。自身もバスケ経験者でありながら本気で勝負するそうで、「まだまだ負けられません」と笑う。

 ○…カメとサケの産卵が見たい、水族館で働きたい、学者になりたい…、子どもの頃に描いた夢をことごとく叶えてきた。残っていた「恐竜博士」という夢も、今回の研究に携われたことでほぼ叶ったという。「『生きた化石』を扱えるのは、海洋生物学者としては夢のよう。調べ尽くしてみたいですね」と微笑んだ。

1/26家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

さがみはら南区版の人物風土記最新6件

津田 雄一さん

JAXA准教授で、小惑星探査機「はやぶさ2」のプロジェクトマネージャを務める

津田 雄一さん

1月1日号

齋藤 正行さん

(公社)神奈川県LPガス協会相模原支部の支部長を務める

齋藤 正行さん

12月20日号

遠藤 春仁(はると)さん

ウェイクシリーズ アマツアーの総合ランキング1位を獲得し、プロに昇格する

遠藤 春仁(はると)さん

12月6日号

安西 祐太さん

市内初の市民向け「障害平等研修」を行う団体A・RU・YOの実行委員長を務める

安西 祐太さん

11月29日号

石井 重次(じゅうじ)さん

「2018年度(第25回)日本グランドシニアゴルフ選手権」で優勝した

石井 重次(じゅうじ)さん

11月22日号

沖 美紀さん

「第10回 フラワーデザインコンテスト クイーンズカップ」のプリザーブドフラワー部門で優勝した

沖 美紀さん

11月15日号

さがみはら南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月13日0:00更新

  • 11月22日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年1月17日号

お問い合わせ

外部リンク