さがみはら南区版 掲載号:2018年11月22日号 エリアトップへ

49回目の「ありがとう」 鮨商組合の出張サービス

社会

掲載号:2018年11月22日号

  • LINE
  • hatena
花束を手に笑顔を見せる鮨商の組合員と施設の入居者
花束を手に笑顔を見せる鮨商の組合員と施設の入居者

 重度の身体障害者に快適な生活の場を提供するとともに、地域の人々に支援を行う県立の障害者支援施設「さがみ緑風園」。同施設ではこの時期、職員も入居者も、朝から心待ちにしている日があるという。それは、相模原鮨商組合のすし職人が、握りずしの出張サービスに来てくれる日だ。

 同園は1967年、相模原市高根に設置された。そのわずか2年後の69年から、この事業はスタート。以来49年間、施設の移転がありながらも、途切れることなく毎年無償で続けられてきた。

 今年も紅林秋男組合長をはじめ、組合員のすし職人が11月15日に同施設を訪問。仕込んできた新鮮なネタを、熟練の手さばきで次々と握っていった。その数、約100人前。それも利用者の好みやアレルギーの有無、嚥下機能の状況等に応じて、さび抜きにしたり、ネタを変えたり、小さく切ったりと細かく対応しながらだが手が止まることはない。興味津々の入居者が見つめる中、約1時間で綺麗に盛り付けられた100人前の握りずしが完成した。

 「色々な施設に赴任してきたが、40年以上続く行事は記憶にない。長きにわたり、本当にありがたい」。感謝セレモニーでこう述べた同園の弘末竜久園長。さらに「来年は記念すべき50回目。新たな年号にもなりますし盛大に行いたい」とも続けた。

 最盛期には90軒を超えていた鮨商の組合員数も現在は25軒。職人の高齢化も進んでいる。それでも紅林組合長は、「組合にとっても欠かせない年中行事。いつも勉強させていただき、こちらがありがとうという気持ち」とした上で「元気な姿で来年も伺いたいね」と笑顔を見せていた。

立憲民主党・ごとう祐一

提案を実現 予算委質問時間No.1(2020~21年まで)

https://www.jitsugen.jp/

義家ひろゆき

厚木市旭町1の15の17

https://www.yoshiie-hiroyuki.com/

<PR>

さがみはら南区版のローカルニュース最新6

サッカーJ2・SC相模原 京都サンガに敗れる

31団体の取り組み展示

ユニコムプラザさがみはら

31団体の取り組み展示 文化

まちづくりフェスタ

10月14日号

誰もが集えるスペースに

誰もが集えるスペースに 社会

相武台「まちの保健室」

10月14日号

ノジマ、WEリーグ初勝利

ノジマ、WEリーグ初勝利 スポーツ

松本茉奈加がチーム初得点

10月14日号

「真夏のアート展」再開 ユニコムプラザさがみはらで

ユニコムプラザさがみはら「オーサーズカフェ」 体験しませんか?音楽を使ったマインドフルネス

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月30日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook