さがみはら南区版 掲載号:2019年4月25日号 エリアトップへ

「相模原名物」宇宙へ ロケット搭載 30日打上げ

社会

掲載号:2019年4月25日号

  • LINE
  • hatena
思いを語る吉田代表
思いを語る吉田代表

「とろけるハンバーグ」で宇宙の街PR

 市内を中心に飲食店を経営するグローズバル(吉田茂司代表)は、このほど打ち上げ実験を行う民間観測ロケットに同社のハンバーグを搭載する。実験参加を通じ、相模原の知名度向上など地域活性にもつなげたい考えだ。

 搭載する「とろけるハンバーグ」は同社の看板メニュー。相模原の名物品として同市の名を全国に広めるきっかけになればと、オーナーシェフの住村哲央さんが考案した。相模原名物料理決定戦や相模原お店大賞グランプリを受賞した実績もあり、現在全国75店舗、海外1店舗に展開している。

 吉田代表は相模原商工会議所青年部に所属し、昨年11月、日本商工会議所青年部主催の研修会に参加。北海道大樹町(たいきちょう)の宇宙ベンチャー、インターステラテクノロジズ創業者の「ホリエモン」こと堀江貴文さんと稲川貴大代表の講演に出席した。民間の単独開発ロケットとして国内初の宇宙空間到達をめざす同社が、打ち上げによって広がる夢や可能性を熱く呼びかけたことが実験参加のきっかけだ。「とろけるハンバーグをロケットに乗せる話題性で、相模原の名が全国に知られる機会になれば」と、吉田代表は店を代表する看板メニューの搭載を同社に打診。12日、ロケットに積み込む「ペイロードスポンサー」として契約を結んだ。

 ハンバーグを入れるカプセルには「相模原名物 とろけるハンバーグ」に加え「宇宙の街、相模原発」の文言も記載。「地元で長く商売させてもらっている身として恩返しをしたい」と吉田代表。大樹町は相模原市と同じく銀河連邦の加盟都市でもあることから「宇宙の街つながりで相互にPRできれば」と期待する。

 ロケットは「宇宙品質にシフト MOMO3号機」。成功すれば民間単独開発のロケットとして国内初の快挙となる。打ち上げは4月30日(火)、大樹町の射場で午前11時15分から行われる予定。

ハンバーグ打ち上げのイメージ=提供
ハンバーグ打ち上げのイメージ=提供

住まいの大相談会

5/18・19 相模大野ステーションスクエア3Fアトリウム広場

https://www.odakyu-chukai.com/branch/sagamiono/

<PR>

さがみはら南区版のトップニュース最新6

飛沫防止シールドを開発

市内3社

飛沫防止シールドを開発 経済

飲食店の売上回復に期待

5月28日号

ピンク色のバッタを発見

桜台小池田朔君

ピンク色のバッタを発見 社会

色彩変異が原因か

5月28日号

コロナ対策、補正予算33億

相模原市

コロナ対策、補正予算33億 政治

妊婦、事業者などを支援

5月21日号

「逆境に負けないために」

「逆境に負けないために」 社会

「さがプロ」がウェブで講座

5月21日号

定額給付金 市が受付開始

定額給付金 市が受付開始 政治

早くて5月下旬に振込

5月14日号

「誇れる街」の実現へ

「誇れる街」の実現へ 政治

新設された「市長公室」とは

5月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク