さがみはら南区版 掲載号:2019年10月24日号 エリアトップへ

東海大相模遠藤 成選手 憧れのプロへ夢"成"就 阪神からドラフト指名

スポーツ

掲載号:2019年10月24日号

  • LINE
  • hatena
同級生らに担がれ満面の笑みを浮かべる遠藤選手=10月17日 東海大相模
同級生らに担がれ満面の笑みを浮かべる遠藤選手=10月17日 東海大相模

 プロ野球ドラフト会議が10月17日に開かれ、東海大相模高校(南区相南)の遠藤成(じょう)選手(3年)が、阪神タイガースから4位で指名を受けた。遠藤選手は「熱烈なファンのいる球団。本拠地の甲子園球場で活躍する姿を見せたい」と早くも意気込んでいる。

 父と兄の影響で、小学生から秋田の地で野球を始めた遠藤選手。小学校時代は秋田県大会3位、中学校時代はリトルシニア全国選抜大会に出場した。高校は故郷から遠く離れた東海大相模に進学。寮に住み、野球漬けとなる生活を自ら選んだ。

 全国から選手が集まる同校でも1年生からベンチ入り。強肩強打の内野手として、また最速145キロを誇る投手として二刀流で活躍。甲子園にも2度出場し、18歳以下日本代表にも選出された。

 ドラフト指名後に開かれた記者会見には秋田県から父・成人さん(47)、母・道代さん(48)も来場。感極まった様子で息子の晴れ姿を見守った。

 会見に臨んだ遠藤選手は「指名を受けることができ、ここから新しいスタートが始まる。自分の心をしっかり持って頑張っていきたい」と力強く語った。プロ野球選手になることは、幼い頃からの夢。名前の由来どおり見事に成就させた。

 東海大相模野球部には、泥臭さや這い上がろうとする強い心を成長させてもらったと語り、「サガミの誇る『アグレッシブベースボール』を、次のステージでも続けていきたい。プロではショート一本で勝負。子どもたちに目標にしてもらえる選手になりたい」と笑顔を見せた。

さがみはら南区版のトップニュース最新6

罰則強化で事故減へ

携帯電話等「ながら」運転

罰則強化で事故減へ 社会

1日から道交法改正

12月5日号

スケボー五輪代表に前進

光明相模原白井空良さん

スケボー五輪代表に前進 スポーツ

ブラジルの大会で優勝

12月5日号

団地再生へ新たな一手

ユソーレ相武台

団地再生へ新たな一手 社会

多世代交流の拠点に

11月28日号

夢の「全豪切符」獲得

光明相模原松田絵理香さん

夢の「全豪切符」獲得 スポーツ

アジアの強豪破り優勝

11月28日号

「口の衰え」予防へ全力

相模台地区

「口の衰え」予防へ全力 社会

高齢者向けに啓発活動

11月21日号

災害復興に応急対応

相模原市12月補正予算

災害復興に応急対応 政治

一般会計、54億円計上

11月21日号

握り鮨 届け続けて50年

握り鮨 届け続けて50年 社会

鮨商組合に県から感謝状

11月14日号

あっとほーむデスク

  • 11月7日0:00更新

  • 10月17日0:00更新

  • 9月12日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月5日号

お問い合わせ

外部リンク