さがみはら南区版 掲載号:2020年5月28日号 エリアトップへ

新たに相模原市消防団長に就任した 原 和彦さん 中央区東淵野辺在住 60歳

掲載号:2020年5月28日号

  • LINE
  • hatena

穏やかさの奥に強さ秘め

 ○…「消防団はチームワーク。輪を大切に団員一人ひとりが楽しく消防団人生を送れるようにしたい」。4月1日付で市消防団長に就任。「私でいいのか」と当初戸惑いもあったが、中央方面隊長や団長代理として積み重ねた経験を生かし、団員の環境づくりに尽力しようと決めた。「それが自分の役割。団員にやっていて良かったと感じてもらえるようサポートしていく」と力を込めた。

 ○…地元の高校を卒業後、専門学校を経て横浜のディーラーに入社。メカニックとして修行を積み、実家の整備工場に入った。子どもの時から父が消防団員として活動する姿を目にし「いつか自分も」と感じていた。先輩からの誘いもあり、1987年に入団。当時は非耐火構造の一軒家も多く、週に1度は出動していた。入団5年目の頃、深夜の火災現場で死にかけたことがある。とっさの判断で逃げ出し何とか助かったが、「2次災害を起こさないためにも自分の身を守るのが最優先。それを若い人に伝えていきたい」

 ○…休日は妻と買い物や美術館巡り。仲良しの秘訣を聞くと「ただの荷物もちです」と照れた表情を見せる。学生時代からスポーツ好きで、中でも野球は40歳まで地元の草野球チームに所属して汗を流した。「今は専ら観るほう。年に1回、息子と行くドームが楽しみで」と目を輝かせる。

 ○…火災や災害発生時に一早く情報が入る携帯は必携。地域と連携して行う火災予防運動や訓練、災害時の避難広報活動も大事な団員の仕事だ。最近は手をあげて入団する若い人も増えてきた。「地元の人、相模原に移り住んで来た人、一緒に消防団を盛り上げたい」。穏やかな表情の新団長は、胸の奥に熱い想いを秘め、約1400人の団員と共に邁進する。
 

さがみはら南区版の人物風土記最新6

渡辺 加代子さん

神奈川県看護協会相模原支部の支部長を務める

渡辺 加代子さん

渕野辺総合病院勤務 67歳

5月19日号

田野村 順子さん

保護司として春の褒章で藍綬褒章を受章した

田野村 順子さん

御園在住 75歳

5月12日号

杉山 信義さん

木もれびの森の花と木々を守る会の代表を務める

杉山 信義さん

中央区相模原在住 74歳

5月5日号

金子 光史(みつし)さん

知的障害者のためのアート活動グループ「フェイス・オブ・ワンダー」を主宰する

金子 光史(みつし)さん

古淵在住

4月28日号

土橋(つちはし) 美穂さん

市みんなのSDGs推進課が啓発用に作ったエコバッグにデザインが採用された

土橋(つちはし) 美穂さん

緑区中野在住 50歳

4月21日号

福田 悠(ゆう)さん

今シーズンからSC相模原のスタジアムMCを務める

福田 悠(ゆう)さん

南区出身 36歳

4月14日号

あっとほーむデスク

  • 4月7日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook