さがみはら南区版 掲載号:2020年6月25日号 エリアトップへ

相模原商工会議所青年部(相模原YEG)の第26代会長に就任した 染谷 耕平さん 町田市在住 43歳

掲載号:2020年6月25日号

  • LINE
  • hatena

うまみたっぷり青年部

 ○…前会長の猛烈なラブコールに「100人近いメンバーの長になるなんて個人事業主にはなかなか経験できるもんじゃない」と覚悟を決めた。「経済発展と文化継承を主目的とする青年経済人の交流。この従来からの基本を踏襲しつつ、ビジネスパーソンとしても成長できる会に」と意欲に燃える一方、「コロナショックで会員企業も打撃を負った。培ってきた絆を生かし、市の経済回復の一翼を担えるような活動を」と、就任早々迎えた荒海に立ち向かう。

 ○…北里出身。地元で小中高と打ち込んだサッカーは相模原高校時代に県16強と鳴らした。立教大学で法律を学び、卒業後に都内や市内の司法書士事務所で働きながら資格を取得。現在はHOLD司法書士事務所を開業する傍ら、高校の同級生である妻が3代目として経営する上溝の片野印刷を共同で切り盛りする。

 ○…3年前、「染谷さん、お酒好きだからぴったりですよ」と得意先から誘われ足を踏み入れたのがYEG。「地元若手経営者がわいわいがやがやと。嫌いじゃないからすぐに馴染めた」とニヤリ。さがみはらフェスタや大凧まつり。様々な業種の人と真剣に取り組み得られるかけがえのない達成感や、仕事でも遊びでも貴重なつながりを与えてくれる青年部に「一口で何度もおいしい」と舌鼓を打つ。「でもまさか会長になるとはね」とそこはちょっと苦笑い。

 ○…「相模原は生まれ育った場所。もちろん愛着はある」。だが、仕事柄、地元以外の不動産取引を通じて様々な地域の魅力にふれるにつけ「70万人いる政令市の強みをもっと生かせるのでは」と感じることもしばしば。「会として行政と一緒にできることはないか模索していきたい」。青年部が相模原を「何度もおいしい」まちにする。

さがみはら南区版の人物風土記最新6

池田 早苗さん

書家としてふるさとで初の個展を開催した

池田 早苗さん

相武台在住 75歳

10月21日号

佐藤 大介さん

東京2020パラリンピックのブラインドサッカー競技で日本代表のゴールキーパーを務めた

佐藤 大介さん

南区在住 37歳

10月7日号

石川 雄洋さん

アメリカンフットボールの地元チーム・ノジマ相模原ライズに入団した

石川 雄洋さん

東京都在住 35歳

9月30日号

小川 護さん

公益社団法人神奈川県薬剤師会の会長に就任した

小川 護さん

東林間在住 62歳

9月16日号

高木 琢也さん

地元サッカークラブ・SC相模原の監督を務める

高木 琢也さん

東京都在住 53歳

8月26日号

安田 純子(すみこ)さん

相模原法人会女性部会の部会長に就任した

安田 純子(すみこ)さん

南台在住 68歳

8月19日号

立憲民主党・ごとう祐一

提案を実現 予算委質問時間No.1(2020~21年まで)

https://www.jitsugen.jp/

義家ひろゆき

厚木市旭町1の15の17

https://www.yoshiie-hiroyuki.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月30日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook