さがみはら南区版 掲載号:2020年9月10日号 エリアトップへ

サッカードリームマッチ 中3生へ「最高の思い出に」 元日本代表との対戦実現

スポーツ

掲載号:2020年9月10日号

  • LINE
  • hatena
市選抜中3チームの監督を務める弥栄中の大井教諭(左)と、選手を代表して取材に応じた同校の佐藤さん=9月5日、弥栄中
市選抜中3チームの監督を務める弥栄中の大井教諭(左)と、選手を代表して取材に応じた同校の佐藤さん=9月5日、弥栄中

 新型コロナウイルスの影響で最終学年での部活動が満足に行えていない中学3年生の思い出づくりにと、地元サッカーチーム・SC相模原(SC)が主催して10月25日(日)、元日本代表選手らで構成されるJ―DREAMSと、相模原市選抜中3生チームが対戦する「さがみはらドリームマッチ2020」が相模原ギオンスタジアムで開催される。同日はJ3公式戦も実施され、ホームタウン(相模原市・座間市・綾瀬市・愛川町)の中3生は2試合とも無料で招待される。

 新型コロナの感染拡大で市内の中学校は3月から休校となり、部活動も休止に。夏の市中学校総合体育大会も今年は5月に中止が決定し、最終学年である3年生は集大成となる舞台を失った。

 市や市民との対話の中で「中3生に思い出を残して」といった声を受けたSCは、サッカーを通じた地元活性化を目的に、元日本代表や芸能人などを招いて2014年から開催してきた「ドリームマッチ」を、今年は特別な形で実施することを検討。例年は相模原高校選抜などを対戦相手としているが、今回初めて中3生との交流試合を行うことにした。

 この試合は同日実施されるロアッソ熊本とのJ3公式戦の前座として行われ、2戦ともホームタウンの中3生を無料で招待する。7日現在、J―DREAMSの参加予定メンバーは元日本代表の名波浩、中澤佑二、久保竜彦、巻誠一郎、中西永輔、都築龍太、波戸康広の各選手。今後随時発表される見通しだ。SCは「中学最後の年、3年生のみなさんとサッカーを通して最高の思い出を作りたいと思っています」と説明し、試合の合間などに同じく中3生による部活動などの取り組みを披露する時間を設ける考えも示している。

相模原背負って勝負

 中3生チームは麻溝台、鵜野森、大野南、小山、上鶴間、新町、中央、藤野、弥栄、谷口、若草、大沢、大野台の13校から27人が名を連ねる。チームを監督する弥栄中の大井雄太郎教諭(34)は、「今回の話は大変ありがたい。子どもたちも喜び、ドリームマッチへ向けて頑張る気持ちになっている」と述べ、「大人相手だが、せっかくの機会なので弱気にならずに勝負の場として挑んでほしい」と選手にエールを送る。

 同校の佐藤拓実さんは3年チームを代表して取材に応じ、「自分たちは相模原を背負っている。相手はテレビで観ていたスーパープレーヤー。世界と戦ってきた人たちと試合をして、自分たちの力がどのくらい通用するのか、相模原のサッカーのレベルを上げるうえで良い経験になる」と話し、「試合に勝ちたい」と意気込みを見せた。
 

さがみはら南区版のトップニュース最新6

18年間の活動に幕

境川の道正山河畔林を守る会

18年間の活動に幕 社会

斜面緑地の整備に尽力

1月21日号

コロナ対策強化へ新体制

相模原市

コロナ対策強化へ新体制 社会

ワクチン接種準備も推進

1月21日号

外出自粛「強く要請」

緊急事態宣言市対応

外出自粛「強く要請」 社会

公民館など134施設休止

1月14日号

「安全安心の五輪やりきる」

新春知事インタビュー

「安全安心の五輪やりきる」 政治

感染防止へマスク会食も訴え

1月7日号

コロナ禍の「新しい成人式」

コロナ禍の「新しい成人式」 文化

分散開催 生中継も

1月7日号

新時代 生活基盤を最優先

市長インタビュー

新時代 生活基盤を最優先 政治

新型コロナ対応に全力

1月1日号

シンプルな葬儀をご希望の方へ

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月10日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク