さがみはら南区版 掲載号:2021年10月28日号 エリアトップへ

【Web限定記事】南区在住・重田愛子さん 「トイレ川柳」で準大賞 感心した経験 素直に句に

文化

掲載号:2021年10月28日号

  • LINE
  • hatena

 TOTO株式会社が2005年に、同社の「ウォシュレットⓇ」が 2千万台を突破したことを記念して始めた「トイレ川柳」。トイレに関する面白話や失敗談、トイレにまつわるエピソードや想いを川柳形式で募集している。審査員はコピーライターで、毎日新聞連載の川柳コーナーの選者としても知られる仲畑貴志氏が務めている。

 その第17回(2021年度)の入賞作品が10月13日に発表され、区内在住の重田愛子さんの句「フタ開いて後ずさりして感心す」が、今年度新設された「ほっとする・笑える賞」を受賞した。

 今回の応募総数は35,307句。重田さんが受賞した同賞は1句のみが選ばれ、最優秀賞に次ぐものだという。インターネットなどにふれる機会がないと話す重田さんは、川柳仲間からの手紙で受賞を知った。その後、大学生のお孫さんの力を借りて、「トイレ川柳」のホームページを閲覧。無事に自身の名前を確認できたそうだ。

 昨年から応募を始め、わずか2回目で手にした大きな賞。「進化したトイレの姿に思わず感心してしまったことを素直に句にした。それが共感をいただけたのでは」と重田さんは話している。

さがみはら南区版のローカルニュース最新6

ロボットに親しむきっかけに

【Web限定記事】

ロボットに親しむきっかけに 教育

商議所が市民向けイベント

12月2日号

相模大野図書館で子育てワークショップ

サッカーJ2・SC相模原 松本山雅FC戦で勝ち星逃す

商店街へ行こう!

商店街へ行こう! 経済

年末年始はお得がいっぱい

12月2日号

川柳募集

川柳募集 文化

11月25日号

「子どもの命を守ろう」

「子どもの命を守ろう」 社会

民権かながわが講演会

11月25日号

相模原市からのお知らせです

新型コロナウイルスワクチンの詳しい情報については市HPをご確認ください

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/kenko/kansenyobo/1019910/1022588/index.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 11月4日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

  • 9月30日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook