神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

相模原南警察署長に今春就任した 熊澤 英人さん 南区在住 56歳

公開:2024年5月16日

  • X
  • LINE
  • hatena

当たり前を積み重ね

 ○…「仕事、地域、仲間に惚れる『三惚れ』の精神で取り組んでほしい」。着任時の訓示でそう語った。前任は県警の刑事部の捜査第三課長。犯人逮捕を共通の目的として動く捜査とは違い、警察署は交番、交通、刑事、生安など業務内容も目的もさまざま。「署員が同じ方向を見るためには自分の仕事一つ一つを好きになること。一番重要なのは南区という地域を好きになること」

 ○…テレビで見ていた刑事への憧れから大学卒業後、22歳で警察官に。機動捜査隊、地域署の刑事課など刑事畑を歩んできた。遺体を調べて病死か事件かを判断する検視官に40代前半で任命。判断ミスが許されない重責に計5年間向き合い続けてきた。専門的な知識以上に大事なことは、遺体の状況や証言の違和感に対し一手間を惜しまず捜査する姿勢。「純粋な正義感があれば概ね見分けられる」と自負する。だがどれだけ手を尽くしても自らの判断が正しかったのか「ときどき今でも怖い」とこぼす。

 ○…横浜の自宅には妻と2人の娘が暮らす。就職活動や大学受験を控える娘達に対して「人生の岐路で寄り添えないのはちょっとね」と後ろめたさをのぞかせ、父親の表情を見せる。趣味はオートバイ。自宅に停めているため公舎の現在はお預け。「替わりに自転車を買おうかなって。管内をいろいろ回りたい」と意気込む。

 ○…署長室に『凡事徹底』の言葉を掲げた。「何でもないようなことを徹底し、積み重ねればいい方向へ向かう」。若手時代、常に言われ続けてきた。事件事故の捜査、防犯、通報への対応など多岐に渡る業務に「警察だけでできることは極端に少ない。市民との協力が必要」と力強く語る。凡事徹底で地域と信頼関係を築いていく。

さがみはら南区版の人物風土記最新6

並木 さとみさん

相模原市立博物館の館長に4月1日付で就任した

並木 さとみさん

中央区在住 58歳

5月23日

熊澤 英人さん

相模原南警察署長に今春就任した

熊澤 英人さん

南区在住 56歳

5月16日

籔内 久士さん

相模原麻溝公園所長に4月1日に就任した

籔内 久士さん

相模原市在勤 55歳

5月9日

御手洗 理英さん

4月1日付けで相模原市美術協会の会長に就任した

御手洗 理英さん

中央区在住 64歳

5月2日

東 正充(あずま まさみ)さん

相模原商工会議所青年部(相模原YEG)の第28代会長に就任した

東 正充(あずま まさみ)さん

南区在住 42歳

4月25日

高柳 和富さん

自宅で「レコードを聴いて音楽を楽しもう」を開催する

高柳 和富さん

相模台在住 65歳

4月18日

あっとほーむデスク

  • 4月6日0:00更新

  • 1月19日0:00更新

  • 12月1日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

災害に向けた健康対策を

災害に向けた健康対策を

6月1日にオンライン講座

6月1日~6月1日

さがみはら南区版のイベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook