さがみはら緑区版 掲載号:2014年7月24日号 エリアトップへ

藤野南小 あんどんで自己表現 地元芸術団体が指導

教育

掲載号:2014年7月24日号

  • LINE
  • hatena
独自の感性で描かれた大中小のあんどん
独自の感性で描かれた大中小のあんどん

 相模原市立藤野南小学校(倉田宏子校長)は7月17日、地元の芸術家が集まる市民団体「きのこぷらんにんぐ」を招いて、全校児童56人が「あんどん作り」に挑戦する催しを行った。子どもと大人が、協働で造形活動に取り組むことにより、藤野の芸術文化の活性化につなげていくのが狙い。

 藤野南小学校は、2003年に牧野・篠原・菅井・牧郷の4小学校が統合して開校。旧藤野町の南部に位置し、”芸術の街・藤野”の中でも、特に芸術家が多く住む地区の中の小学校でもある。

 「きのこぷらんにんぐ」(さとうますよ代表)は、もの創りを楽しみながら芸術家同士のつながりを深め、地域の芸術文化の普及に努める市民団体。20年以上の歴史があり、現在は画家・写真家・音楽家・造形作家など約30人が所属。毎年9月には「ふじのアート収穫祭・こもりく」を開催するなど、積極的な芸術活動に取り組んでいる。そうした中、3年前から同校を訪れ、児童に造形の指導を行うなどの交流を開始。昨年は「森の生き物たち」をテーマに木材を使った造形作品づくりを実施した。

 17日は、「きのこぷらんにんぐ」のメンバー18人が同校を訪問。低学年の児童は、あらかじめ用意された半紙サイズのミニあんどんに、思い思いの絵を描いて制作。高学年の児童は、周囲を布で覆った大中小3つの異なる大きさの「大あんどん」造りに挑戦した。この大あんどんは、最大120cm×60cm程の大きさのものもあり、児童たちは組み立てから始め、手形やハートやブドウのなどの独特の想像力を活かした絵を描き、グループで協力して各々の作品を仕上げていった。「あんどんを見るのは初めてで感動した」「布を貼ったり、絵を描いたりするのが面白かった」「作品を褒めてもらって嬉しかった」などの感想が児童から聞かれた。これらの作品は、9月のアート収穫祭にも出展される予定だ。

 同校の小俣美智子教頭は「普段の授業では体験できない、子どもたちの感性を刺激する造形活動は有意義で、協力を頂いた芸術家の皆様に感謝しています」と話した。さとうますよ代表は「小学生のセンスは素晴らしいものがあります。今後も学校に協力していきたい」と話していた。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

2千mにコース延長

相模湖漕艇場

2千mにコース延長 スポーツ

利用増で地域振興へ期待

5月16日号

「ぐるっと」節目の20回

藤野陶器市

「ぐるっと」節目の20回 文化

芸術と自然楽しむ2日間

5月16日号

あの日、陛下は石老山へ

あの日、陛下は石老山へ 社会

関係者語る 相模原の登山

5月1日号

新たな時代「令和」が舞う

新たな時代「令和」が舞う 文化

5月4日・5日 相模の大凧まつり

5月1日号

青根の子に元気届けたい

コカリナ愛好家

青根の子に元気届けたい 文化

焼失後の交流から音楽祭

4月25日号

「戦車闘争」を映画化へ

「戦車闘争」を映画化へ 社会

大規模運動の本質に迫る

4月25日号

藤野の村歌舞伎が銀幕に

さがみ人間未来FF

藤野の村歌舞伎が銀幕に 文化

21日 橋本で記録映画祭

4月18日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月16日号

お問い合わせ

外部リンク