さがみはら緑区版 掲載号:2015年5月28日号 エリアトップへ

市選管 南区次点候補を当選人に 再点検の有効票が決め手

政治

掲載号:2015年5月28日号

  • LINE
  • hatena
会見を行った市選挙管理委員会
会見を行った市選挙管理委員会

 市選挙管理委員会は25日に会見を開き、4月の相模原市議選南区選挙区において次点候補となっていた大槻和弘氏(59)の異議申し立てを認容し、同氏を当選人とすると発表した。 (5月25日起稿)

 大槻氏は先の選挙で3303・339票を獲得しながら、最下位当選の小林丈人氏(43)とわずか0・661票差で落選していた。大槻氏は「自分への有効票とみられる票が無効扱いされたとの匿名の情報があった」として、4月27日に自らを当選人とするよう、市選管に異議申立書を提出していた。

 これを受け、市選管は5月20日に大槻和弘氏の得票、落選した同姓の大槻研氏の得票、大槻姓のあん分票、無効票の計7888票を開披点検。南区選管をのぞく市選管の職員によって行われ、大槻氏、小林氏ら関係者も立ち会った。

 無効票を精査した結果、大槻和弘氏の有効票とみられる1票が確認されたため、市選管は24日に委員会を開き扱いを協議。有効票と認め、大槻和弘氏を当選人とすることを決めた。

 25日の会見では、市選管の井上正明委員長が「市民の皆さまにご迷惑をおかけし、心よりお詫び申し上げたい」と謝罪。その上で「南区選管と市選管で判定に違いが出たことを重く受け止めている。再発防止に向けて検証していきたい」と述べた。市選管の決定を受けた大槻氏は同日に「私の異議申し立ての趣旨を全面的に認めたもので安堵している」と語った。また当選を無効とされた小林氏も「市選管の決定には到底納得できない。弁護士、関係者らと協議して神奈川県選管への審査申し立てをする方向で考えている」と話した。

 決定に不服がある場合、21日以内に県選管に審査を申し立てることができる。期限までに申し立てが提出されない場合は大槻氏の当選が決まるが、申し立てがあった場合は60日以内に県選管が裁定をくだす。裁定に不服があれば裁判所に訴訟を起こすこともできる。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

相模原をドローンの町に

相模原をドローンの町に 社会

中央区横山に新拠点誕生

10月22日号

官民で防災意識が向上

台風19号から1年

官民で防災意識が向上 社会

寄付、復旧活動に積極性

10月22日号

里親委託率、上昇傾向に

里親委託率、上昇傾向に 社会

10年以内に50%めざす

10月15日号

小編成の部で初全国へ

橋本高校吹奏楽部

小編成の部で初全国へ 教育

オンライン練で結束強め

10月15日号

学校祭をオンライン中継

中野中学校

学校祭をオンライン中継 教育

生徒の願い受け「感動共有」

10月8日号

J2ライセンスを取得

SC相模原

J2ライセンスを取得 スポーツ

今季2位以上で昇格

10月8日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク