さがみはら緑区版 掲載号:2015年5月28日号 エリアトップへ

吉野在住建築家 千以上の大工道具を収集 「多くの人に見て欲しい」

文化

掲載号:2015年5月28日号

  • LINE
  • hatena
乱菊・千代鶴を手にする佐々木好己さん
乱菊・千代鶴を手にする佐々木好己さん

 吉野在住の建築家・佐々木好己さん(58)は、趣味で大工道具1000点以上を収集している。中でも鉋(かんな)は、幻の品と呼ばれる「乱菊・千代鶴」など、200点以上所有。佐々木さんは「これだけの種類や数を集めている人は数少ないと思います。将来的には多くの人に展示する機会を設けたい」と話す。

 藤野地区(吉野509)で、親子2代に渡り工務店を経営する佐々木さん。高校卒業後、すぐ大工の世界に入り、約40年間昔ながらの木造工法にこだわって地元を中心に数多くの建築を施工してきた。

 「道具には昔からかなりこだわりがあった」と説明する佐々木さん。5年ほど前から本格的に大工道具を集め始めた。そのきっかけは、父親も所有していた幻の鉋と呼ばれる「千代鶴」を所有したいと思ったことから。知人の伝手をたどり、珍しい大工道具を取り扱う店を探し回ったという。

 そうした中、大工道具には色々な種類があり、昔から好きだった法隆寺など日本伝統の建築物の仕事には、優れた道具が使用されていたことを知ったことで、道具を集め歩く活動を開始。「凝り性なのですかね」と語る通り5年余りで鉋、鋸(のこぎり)、のみ、墨壺、砥石、きりなど収集品は1000種類以上にも膨らんだ。中でもきっかけとなった鉋は200種類以上も所有。一枚鉋、二枚鉋、長台鉋をはじめ、10万円近い価値を持つ「千代鶴」のような希少鉋や槍鉋、手のひらサイズのミニ鉋など珍しい鉋も部屋には数多く並ぶ。佐々木さんは「道具は大工の原点。これだけの量と種類を個人的に所有している人は珍しいと思います。興味のある人はいつでも見に来て下さい。将来的には展示会なども開催できれば良いですね」と話す。

 詳しい問い合わせは、佐々木工務店【電話】042・687・2900へ。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

市、コロナ対策を見直し

市、コロナ対策を見直し 文化

感染者減少も警戒継続

12月2日号

金子さんに国税局長表彰

元橋本町在住

金子さんに国税局長表彰 社会

「長年の活動評価され光栄」

12月2日号

ワクチン3回目接種が柱

相模原市12月補正予算案

ワクチン3回目接種が柱 経済

一般会計、総額約68億円

11月25日号

"本物"トーチに大興奮

旭小学校

"本物"トーチに大興奮 社会

疑似聖火リレーを体験

11月18日号

3回目 高齢者は1月開始

新型コロナワクチン接種

3回目 高齢者は1月開始 社会

65歳以上の予約、市主導で

11月18日号

「相模原で合議制裁判を」

「相模原で合議制裁判を」 社会

市長ら、横浜地裁へ要望

11月11日号

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook