さがみはら緑区版 掲載号:2018年7月5日号
  • googleplus
  • LINE

神奈川県猟友会津久井支部長として鳥獣被害軽減に努める 平本 稔さん 三ヶ木在住 76歳

鳥獣駆除で地域貢献

 ○…野生鳥獣の保護、有害鳥獣の駆除、自然環境の保全などを目的として活動する神奈川県猟友会。創立70周年を迎えた同会は県内53支部で構成され、その中で約200人と、最多の会員が所属する津久井支部の支部長を務める。同支部は14班に分かれ、自身は三ヶ木班に所属。今でも10人の仲間と定期的に狩猟に出掛けている。「三ヶ木地区は猪に加え、最近鹿の被害も目立ちます。生態系の変化により、山から餌を求め降りてきているのですね」と説明する。

 ○…猟友会には、地域の先輩に誘われ1963年に入会した。「昔は駆除という側面よりも、野鳥などを仕留め食べるための狩猟が多かった」と振り返るが、80年代頃から猪を中心とした被害が増え、駆除的要素が強い活動に変化していった。それに伴い、狩猟方法の主流も銃から罠での捕獲に移行。三ヶ木班では年に7〜10頭の猪を捕獲する。「被害が多い状況が続いていましたが、ここ数年は減少傾向にあります。少しは狩猟の効果があるのかもしれませんね」

 ○…津久井生まれの津久井育ち。三太共和国大統領、津久井銃砲安全協会会長などの重職を担ってきたほか、現在も防犯指導員、子ども見守り隊など幅広く活躍する。「津久井は自然、人ともに素晴らしい地域。これからも地元に貢献できる活動が出来れば」と力強い。

 ○…会の大きな課題の一つは後継者問題。会員の多くは60代以上だ。活動がボランティアということに加えて、会員として活動するには、銃の所持許可や鳥獣駆除に対する罠を設置できる免許などが必要なことも、会員減少の要因となっている。「活動を維持していくためには、行政の支援が不可欠です。鳥獣被害は依然多いので、体が動く限りは狩猟を続けていきたいですね」と話した。

さがみはら緑区版の人物風土記最新6件

吉澤 肇さん

市営上九沢団地で運営されている子ども居場所づくり「くすのき広場」代表の

吉澤 肇さん

7月19日号

土佐 誠さん

このほど三菱重工相模原ダイナボアーズのキャプテンに就任した

土佐 誠さん

7月12日号

野崎 裕介さん

第4回山コン㏌藤野の実行委員長として地域貢献に取り組む

野崎 裕介さん

6月28日号

松田 善彦さん

相模湖交流センターの館長に新しく就任した

松田 善彦さん

6月21日号

池田 晴彦さん

6月で発足2年を迎えた相模原柴胡の会の代表を務める

池田 晴彦さん

6月14日号

武野(むの) 脩(おさむ)さん

「60周年記念 二科神奈川支部展」の公募展で横浜市長賞を受賞した

武野(むの) 脩(おさむ)さん

6月7日号

さがみはら緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月19日号

お問い合わせ

外部リンク