さがみはら緑区版 掲載号:2019年4月18日号 エリアトップへ

陣馬山麓にカフェが開店 登山客に特産「ゆず」をPR

経済

掲載号:2019年4月18日号

  • LINE
  • hatena

 藤野商工会(野崎保巳会長)は、地元特産であるゆずに特化したカフェ「ゆずの里ふじの」を、陣馬山のふもと(佐野川659の3)に4月20日(土)からオープンさせる。当面は、陣馬山への登山客が多数見込まれる土日と大型連休のみ営業を続ける方針。同商工会は「芸術と並び、藤野地区を代表する特産品であるゆずを、地域内外にアピールする場として活用していきたい」と期待する。

 藤野商工会は2015年7月、県から陣馬山のふもとにあった「県立旧陣馬自然公園センター」を譲り受けた。陣馬山への登山客を中心に、長年地元住民にも親しまれた同施設を最大限に有効活用しようと、住民と協議を重ねてきた。そうした中、以前から商工会が中心となり、藤野の特産品として、爽やかな風味と香りを生かした味付けポン酢「ゆずの尊」や、ゆずこしょう、ゆずジャムなど、様々な商品を開発をしてきた『ゆず』に特化した施設を作ろうという声があがり、3年ほど前から準備を進めてきた。

 新たにオープンする施設は、ゆずの加工場と登山者への観光案内、交流の場として利用するゆずに特化したカフェのほか、市内初のビール醸造工場として昨年夏にオープンした「JAZZ BREWING FUJINO」が併設された。建物は木造2階建。延床面積369平方メートルで、うちビール工場が34平方メートル、カフェが45平方メートル、調理場が12平方メートル、2つのゆず加工室が46・5平方メートルとなっている。

 運営は、(有)ふじのに委託する。(有)ふじのは、「地域経済活性化のため、ゆずを使った製品を開発して、地域を代表する特産品をつくろう」と、2003年11月に商工会、特産品取扱委員会、経営者協議会、観光協会など地元の各団体が出資して設立された会社だ。

 カフェは昨年11月、秋の行楽シーズンに一部施設をプレオープンした際に、利用者の声を取り入れメニューを決定した。ゆずコロッケ、ゆず坊サイダー、ゆずシャーベット、ゆずワイン、ゆず・お茶のクラフトビール、「グダンコーヒー豆店」のふじのブレンドコーヒーに加え、おつまみとなるゆずの風味をいかしたソーセージやチーズ、ゆず風味の唐揚げなどが販売される予定。藤野商工会は「これからの季節は、和田こいこいまつりや藤野ぐるっと陶器市など人気の地域イベントがあります。緑豊かな藤野の大自然と、その自然で育まれたゆずやビールを満喫しにぜひお越し下さい」と話す。

 詳細は藤野商工会【電話】042・687・2138へ。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

相模原で19年ぶり大相撲

相模原で19年ぶり大相撲 スポーツ

10月に秋巡業開催

5月23日号

根小屋企業、市で唯一登録

根小屋企業、市で唯一登録 経済

「森林保全に貢献」認められ

5月23日号

2千mにコース延長

相模湖漕艇場

2千mにコース延長 スポーツ

利用増で地域振興へ期待

5月16日号

「ぐるっと」節目の20回

藤野陶器市

「ぐるっと」節目の20回 文化

芸術と自然楽しむ2日間

5月16日号

あの日、陛下は石老山へ

あの日、陛下は石老山へ 社会

関係者語る 相模原の登山

5月1日号

新たな時代「令和」が舞う

新たな時代「令和」が舞う 文化

5月4日・5日 相模の大凧まつり

5月1日号

「戦車闘争」を映画化へ

「戦車闘争」を映画化へ 社会

大規模運動の本質に迫る

4月25日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月23日号

お問い合わせ

外部リンク