さがみはら緑区版 掲載号:2019年5月23日号 エリアトップへ

ボランティア団体「三太の里共和国」の第6代大統領を務める 三樹 三一(みつかず)さん 三ヶ木在住 70歳

掲載号:2019年5月23日号

  • LINE
  • hatena

生まれ育った地域だから

 ○…空き缶や瓶、生い茂る草。地元民の生活に根づく道志川を汚れたまま後世に残して良いのか。三ヶ木周辺の6自治会からなる津久井中央地区自治会連絡協議会の有志が主体となり1994年、美化活動を行うボランティア団体「三太の里共和国」は発足した。企業庁や横浜水道局から借り受けた川の斜面を整備しミツバツツジ、シダレザクラなどを植栽。道志川公園と名付けたその斜面には四季折々の花が咲く。

 ○…以後、メインの美化活動に加え、地区の文化祭への参加や道志川清流まつりの主催など、地域活性の一翼を担ってきた。そんな共和国には知人に誘われ「国民」に。前任者の時に副大統領を務め、指名を受けて2015年に第6代大統領に就任。約60人の先頭に立って、公園の除草や整備に精を出す。「草刈り大統領だよ」とおどけるが、津久井の自然を愛する気持ちと、先輩たちが続けてきたことを受け継ぐ責任感は人一倍強い。「生まれ育った地域だからね」と優しく微笑む。

 ○…母、妻、息子と4人暮らし。路線バスの運転手を長く務め、定年して現在は市内幼稚園の送迎の仕事をしている。週末は家庭菜園など土いじり。祖父や幼少期に観た銀幕の影響で狩猟もし、猟友会に所属して有害獣の駆除にも出向く。季節になると鮎釣りも楽しみだ。「外に出るのが好き。野生児だね」とにっこり。

 ○…「よそもそうだろうけど、若い人が増えてくれたら」。ここでも地域活性のカギは若い世代。この土地から巣立った子らが戻ってきた時に、気軽に顔を出せる地域の輪をつくることが必要と考える。「そのためには、日ごろから顔を見せ、声をかけあう仲になっていないと。みんな一緒に楽しくできれば」。愛する地域のため、共和国の、そして大統領の役割は大きい。

さがみはら緑区版の人物風土記最新6

鈴木 英之さん

10月1日付で相模原市教育委員会教育長に就任した

鈴木 英之さん

中央区陽光台在住 60歳

10月17日号

筒井 健さん

相模原市橋本倫理法人会の会長に就任した

筒井 健さん

橋本台在住 59歳

10月10日号

山崎 和樹さん

第5回つくい湖湖上祭の実行委員長としてイベントを先導する

山崎 和樹さん

日連在住 38歳

10月3日号

細田 稔さん

このほど相模原市医師会の会長に就任した

細田 稔さん

大和市在住 65歳

9月26日号

小林 朱見さん

津久井やまゆり園、藤野薫風などを訪れ音楽療法士として交流する

小林 朱見さん

清川村在住 60歳

9月12日号

井上 克彦さん

青根・青野原地区の鳥獣保護管理員として被害対策に尽力する

井上 克彦さん

牧野在住 60歳

9月5日号

野村 邦丸さん

ラジオパーソナリティで、今年4月から相模原市名誉観光親善大使を務めている

野村 邦丸さん

中央区在住 62歳

8月29日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク